オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん!

でんぱ組の新メンバーについて考察

でんぱ組のライブ活動復活!と同じく

でんぱヲタだけでなく、ドルヲタ全体を驚かせたであろう重大発表が

でんぱ組.incに新メンバー2人加入で7人体制! と言う内容

これに関してネットでは賛否両論巻き起こっていますが

今回は僕の意見を書いていきます。

 

まずライブの前日にジャン〇の早売りで7人体制と新メンバーのネタバレがされて

まとめサイトでも紹介されたので混乱が広がってしまった

もちろん運営はライブでのサプライズ企画として用意していたのでしょうが

雑誌ネタバレに関しては運営も予め対策できなかったのかと思います。

ネタバレと言えばもが以外のメンバーが静岡の免許合宿に行った事を

教習所の職員にTwitterでばらされるという件もありました。

こちらは職員の不手際で想定外でしたが

まあ当時は突然メンバーのツイートが減って心配だったので

免許合宿を知った時は少し安心しましたけど

 

僕もネットで事前に知ってしまったのですが

パンチライン主題歌のしょこたん♥でんぱ組のような

限定企画グループと言う線を考えていました。

タイアップ曲なので5人では不安な点があり

他のグループからメンバーを投入したのかと思ったのです

でもライブでは正式メンバーだと紹介されて、

嘘だと言ってよバーニィと叫びたくなる程でした。

でも、でんぱ組が大きく変わる事以上に心配だったのは虹コンとべボガの事です

もし完全移籍だったらどうなるんだと

2人卒業が決まっている虹コンから更に根本凪がいなくなれば洒落にならないし

べボガも一番人気の鹿目凛がいなくなればファンが減るだろうと

だからライブ後に公式で兼任と発表されてほっとしました。

 

ただ、それ以前にファンの間では新メンバーは予想されていました

理由はライブグッズの発表でペンライトが9色だったからです。

今まででんぱのペンライトは8色で、メンバーカラー6色

さくぱれ用の桜色、ORANGE RIUM用の橙で8色

僕は新色はミントグリーンで、残りは紫も残しての継続だと思っていました

あるいは新メンバー1人が来るのではないかと

紫を残すと思ったのは、妄キャリが辞めたメンバーの赤を今でも残しているからです

正解はミントグリーンとぺろりん用の卵色でした

なお、僕は会場でペンライトを買えなかったので以前のペンライトと

先日買ったバンもんペンライトで参加しました。

バンもんにはミントグリーンっぽい色があったので対応できましたが卵色は無理でした

(パンもんペンライトは12色あります、メンバー以外の色は何に使うかが謎)

これに関してねむきゅんが、以前のペンライトは思い出に取っておいて

これからは新しいのを使って下さい。とコメントしたのが面白かった。

あとグッズには古川七味という七味唐辛子もありましたが

七味も七人とかけたのでしょうかね、だとしたらよく考えている

 

ネットで情報を知った時、最初僕の反応は正直ありえない。でした

虹コンとべボガの事もあるし、これから5人で頑張るんじゃなかったの?とか

他グループの人気メンで補強するのは安易すぎる。

新メンバー入れるならオーディションかディアガールから選ぶべきだろうと

何よりでんぱ新メンバーの為に虹コンとべボガをディアステ入りさせたのなら

流石にディアステのやる事がえげつなさすぎる。とまで考えた。

ネットの反対意見も大体似たような感じ

 

多くのファンが思ったのは6人から5人になっても活動を続けている

ももいろクローバーZのような展開だったと思う。

公式サイトやライブのポスターも5人を強調したものだったし

でんぱ組は確かに人数が変動したグループだけど

W.W.Dをはじめ、6人グループのイメージを強めてきた

だから5人でも心は6人で続けると思っていた。

実際大阪で前半の5人ライブを見た時は、5人でもいける!と思っていた

そして中盤に2人がステージに上がった時は周りの観客と同じく僕も動揺していた

でもメンバーと一緒に歌って踊る2人を見ていたらそんな気持ちは消えていて

ライブを終えた後の僕は7人のでんぱ組を認めていた。観客達もそうだったと思う。

 

最も、僕の場合は虹コンとべボガも好きで、2人の事はよく知っているから

でんぱ組加入でもすぐに受け入れる事が出来たけど

2人の事に詳しくない人とか、もが推しの人にはすぐには納得できないと思う

虹コンやべボガ推しの中には何ででんぱ組なんかに、と思う人がいる。

何より、何故根本凪鹿目凛がでんぱ組に選ばれたのか?

それを考えていきます。

 

 

・新メンバーが必要な理由

音楽活動を休止して、人気メンだった最上もがの脱退、ネットの不仲説で

世間的にはでんぱ組には負のイメージがついてしまった。

運営としては負のイメージを無くして再始動をする必要がある

最上もががいないでんぱ組はオワコン。W.W.Dは6人ではない時点でもう成立しない

イメージ回復には新メンバーを入れて新しい風を吹かせる。そう考えたでしょう

元々跡部みぅが卒業するので、イメチェンの為にもがピンが加入した過去がある

もがピンも今までのでんぱにはいないタイプだったので

当時のファンは受け入れるのに時間がかかったと聞きます。

 

新メンバーは分かったけど、それなら新しい娘かディアガから選べばいいでしょ?

その方法も考えたと思いますが、それでは間に合いません

もがピンの頃は曲数が少なくて、今ほどライブ数も多くなかったから

素人から育てる余裕があった。

だが今のでんぱは曲数が多いし、大きい箱でライブをするグループ

ましてやデビュー戦が大阪城ホールと言う大箱

準備期間が2,3カ月なのでディアガを鍛えるにしても時間が足りない

だから即戦力となる現役アイドルが必要でした。

そこで選ばれたのがもふくちゃん案件である虹コンとべボガでしょう。

 

では根本凪鹿目凛が選ばれた理由は?

この二人は人気メンで知名度が高くてスキルも高い、それもありますが

一番の理由は元ひきこもりで、でんぱ組の影響で人生が救われたアイドルと言う点

 

 

・2人のアイドル、でんぱ組への道

学生時代、不登校となって引きこもり生活を送っていた時に

偶然W.W.DのMVを見て強い影響をうけました

自身の辛い過去を歌って頑張るアイドルの姿を見て、

自分も人を幸せにするアイドルになりたいと思って、アイドルの道を進みます。

2人はアイドルとしてデビューするも、決して順風満帆ではなかった。

 

根本さんは最初に水戸ご当地アイドル(仮)に加入しますが

デビュー前に体調とメンタルを崩して脱退。

その後は虹コンに加入するも、pixiv代表の永田寛哲氏によれば

デビュー前に「お披露目が終わったら辞めたい」と相談されたそうです。

虹コンは不安定なグループで、メンバーは次々と辞めていった。

そんな中でも根本さんは3年間虹コンメンバーとして活動を続けている

 

鹿目さんはベースボールガールズに加入して、グループがなかなか売れない中で

ツイッターのイラストで知名度を上げて、ぺろりん先生と呼ばれるようになる

ところがイラストに関して心ない人達から叩かれて自殺を考えるほど落ち込んだ

更に事務所の社長が横領事件を起こしてグループは活動休止となり

メンバーと共に事務所を離れてフリーとなる。

そして虹コンのオーディションを受けてべボガ(虹のコンキスタドール黄組)となり

グループと共に成長している

 

2人は辛い経験をしながらも、アイドル活動を続けてこれた原動力

それはでんぱ組.incが心の支えとなったからです。

尊敬するでんぱ組のようなアイドルになりたい。強い気持ち。強い愛がある。

そして暗い過去と闇がある。でんぱ組に相応しいメンバーと言えます。

その気になれば新しいW.W.Dも作れると思います。

まあ流石にW.W.Dのような暗い曲を作る必要性は薄いと思いますが

 

2人はでんぱ組加入の話を受けた時、加入するかどうかをずっと悩んでいた事を

ブログに書いています。

自分の加入がでんぱ組を壊してしまうかもしれない

体力がない自分が兼任なんてできるのだろうか

2人は悩み続けて出した選択は、でんぱ組の加入でした。

 

2人が真剣に考えて出した決断ですから、その決断は尊重するべきです。

でんぱ組も2人の加入を心から歓迎しています。

2人の加入を反対する理由はありません。

でんぱ組を尊敬しているからこそ、生半可な覚悟ではない。

そういう意味では非常に信頼できるメンバーです。

根本さんは夢眠ねむ、ぺろりんは古川未鈴

いつか同じステージに立つと公言していて、それを実現させた

モー娘。に憧れて自らアイドルとなった古川未鈴のように実現力があります。

 

 

・でんぱ組と虹コン双方のメリット

先ほども説明した通り、2人は人気メンなので注目度が高い

特にぺろりん先生はイラスト芸で名前だけでも知ってる人が多い

元々もふくちゃんはぺろりんの才能に目を付けていて

べボガを虹コン入りさせた理由がぺろりん目当てです

7人体制は大きなニュースになっているので話題性としては十分

そして2人はナイスバディと言う最大の武器を持っていて

グラビア方面でも活躍している。

もがちゃんが何度も出演したヤングジャンプでは

2人は何度もグラビア出演していて今後も増えると思いますね。

 

そしてでんぱ組のファンがねもちゃんとぺろりん目当てに

虹コンとべボガのライブに行くかもしれないし

逆に大好きマンがでんぱのライブに行くかもしれない

相乗効果も考えての事でしょう。

1月は虹コンがメジャー1stアルバム(累計で3枚目)

べボガの初アルバム、ぺろりん先生の写真集が出ます。

ねもちゃんとぺろりんはどんな活躍をしているか知る事が出来ます。

 

歌割りはまだ少ないですが、今後2人の為に歌割りを増やすと思っています。

そうなれば同じ曲でも新曲のような楽しみ方も出来る。

7人のでんぱ組は新グループに近いので新規が入るチャンス

でんぱ組とナナランドは新規ファンになるなら今です。

 

もちろん2人が全てのファンからでんぱ組の一員として認められるのは時間がかかる

そこは2人の努力次第です。

もがピンも受け入れられるまで時間を要した。

他グループだと、バンドじゃないもん!甘夏ゆずちゃんもも◎もそうです

特にちゃんももは全員握手で無視されたりと彼女を受け入れないファンが多かった

その状況で彼女は必死に努力をして、今ではファンから認められるメンバーになった

バンもんはリーダーの鈴姫みさこ神聖かまってちゃんとの両立を続けている。

だから、ねもちゃんとぺろりんも両立は不可能ではないと信じています。

頑張り続ければでんぱも虹コンから両方のファンから認められるでしょう。

成功したら人気アイドル2グループの両立として更に話題になる

業界ルールも変えたるけんの言葉通りになります。

 

そして1月6日にはべボガのワンマン

1月7日にメンバー2人が卒業する虹コンも第2章と言っている

新体制にも期待が持てます。

2018年はでんぱ組と虹コンべボガの活動に目が離せません。

最後にねもちゃんとぺろりんは本当に良い娘なので暖かく応援してください。