オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 

アニメ ポプテピピックの失敗点

2018年冬アニメで一番ネットで話題になっているであろう、ポプテピピック

この作品はとびっきりのクソ漫画!とキャッチコピーのある通り

中身が無くて余り面白くないクソ漫画です。

大川ぶくぶ先生の独特なキャラ絵で有名になっている感じ。

こんな漫画をアニメ化しようだなんて正気の沙汰ではなく

当然アニメ監督もこんなのをどうアニメにしたらいいかを悩んで

原作以上の何でもありなクソアニメに仕立て上げました。

 

実際1話はかなりぶっ飛んだ内容で一気に話題となり

僕は初めて見た時はしばらく頭痛が止まらずに。

30分後のでんぱの神神を見て正気に戻ったレベルでした。

1話を見て僕が思ったのはウゴウゴルーガっぽいなと

ウゴウゴルーガは90年台にフジテレビの朝に放送された子供番組

シュールなギャグの連発で子供以外にも当時の若者にも人気の番組でした。

だから年配な方は理解出来た方が多かったそうです

(更に上の世代だとゲバゲバ90分でしょうか)

当時ウゴウゴルーガにハマっていた僕としては自分向けのアニメかもしれない

頭痛はするけど2話以降も楽しみだ!と言う気持ちでした。

 

しかし、2話3話と見ていく内に真顔で見ている自分がいて

今の評価はこのアニメはもう駄目だ。です

実際ネットの評価も1話は盛り上がっていたけど、今は大分盛り下がっている感じです。

どうしてこのアニメはここまで盛り下がってしまったのか。

 

 

最大の理由は再放送です。

このアニメのBパートはAパートの内容を再放送をして

その代わりにポプ子とピピ美の声優が毎回代わると言う方式です。

まず、シュールなアニメを作るなら30分オール新作にしないと駄目ですよ。

30分間ありとあらゆるネタをぶつけて視聴者を滅多打ちにして欲しい。

 

そして声優はAパートが女性声優、Bパートがベテラン男性声優と言う内容で

当然ベテラン声優が演じるほうが面白い。

1話の江原正士大塚芳忠は原作のネタなのでそれで成立しているからまだいい

でもこれってアニメの面白さじゃ無くて、ベテラン声優の面白さでしょ?

男性声優が女キャラを演じたら面白いのは当たり前。

単にギャップの面白さでしかありません。

そうなると次回の楽しみが次はどのベテラン声優が出演するかであって

既にどんなシュールで過激なネタで楽しませるかで無くなっている

逆に比較される女性声優が可哀想になってくる。

3話では本来のキャスト?である、上坂すみれ小松未可子が演じましたが

正直一番地味でした。

 

これってガキの使いの笑ってはいけないシリーズで

大物芸能人や俳優が芸人のネタを真剣にやって笑わせるのと同じですよ

ネタそのものが面白いわけではない。

 

更にポプテピピックのギャグは基本的に一発ギャグなので

すぐに再放送で2度目を見ても面白くない。

にゃんこスターのネタが1発目は笑えても2発目は余り笑えないのと同じです

何よりAC部のネタのみ声が変わらないので

気持ち悪い絵のネタを2度も見せられるのは苦痛です。

何より、Bパートが再放送でベテラン声優を使うというネタが分かりきっているので

新鮮味が無くなって笑えなくなっている

最終回までこのパターンだったら途中で飽きて見なくなる視聴者が沢山出てくる

既にツイッターの勢いも減ってきてるし

この手のネタアニメは毎回予想がつかない内容で楽しませないといけないのに

 

僕は1話を見た時は、もの凄いアニメを見た!と関心したのです

このまま過激でぶっ飛んだ内容が続けばアニヲタの心に残るクソアニメになると

ヘボット!のような伝説のバカアニメになることを期待していました。

でも制作側はその方向性を捨ててしまった。

 

笑えるクソアニメは2種類あって

製作側は真剣に作ったつもりが、意図せずに笑える内容になったクソアニメ

(最近だとダイナミックコードがこれ)

制作側が真剣にネタで作ったクソアニメ

当然後者は制作側が相当頭のネジが吹っ飛んでないと面白くならない

それが成功したのがカブトボーグヘボット!です。

この2作は子供向けで狂気的な内容だったアニメ

しかしギャグだけではなくしっかりしたストーリーもあり熱い展開があったので

見てた人達の心に残るアニメとなった。

 

声優の演技でネタアニメにしたのがトランスフォーマービーストウォーズ

アメリカのCGアニメで本来はシリアスな話だったのを

日本ではギャグ方向に改変して、声優のアドリブ全開のネタアニメと化した

でもギャグセンスがよくてキャラの魅力を引き出していたから

原作改変でも良アニメとなった。(勿論コアなファンからは叩かれているが)

 

残念ながらポプテピピックは制作サイドのギャグセンスが足りないのだ

原作のネタやポプ子とピピ美と言うキャラを使って色んな事が出来るのに

ベテラン声優を使っとけばオタクに話題になるだろ。

的な安易な方向に進んだのが残念です。

もっと言えば声優ネタで声優に詳しい人しか笑えないので一般向けも無理です

おそ松さん1期がブレイクしたのは普段アニメを見ない人でも笑える内容だからです

それが女性ファンの増加に繋がりました(2期では失速しましたが・・)

 

一方で光るネタもいくつかある

細かすぎて伝わらないパロディとか

ドット絵で表現した昔のゲームネタとか

2話のコマ撮り?したぬいぐるみのダンスや、おみくじネタとか

面白いネタは沢山ある。だから何でもっと面白いネタをやらないの?と思ってします

だから制作サイドは全力でクソアニメを作ってほしかった。

 

どうしても15分アニメが限界なら

Bパートは上坂すみれのヤバイ◯◯2期で良かったと思います。

こっちならもっと話題性もあったでしょう。

 

今の所アニヲタには大人気で、BDのセルランも上がっているとか

秋葉原でポプ子のお面を無料配布するイベントが実施されましたが

人が多すぎて警察が出動するほど大混乱になったので中止になった程です

でも今の人気はけもフレと同じく流行りに飛びつくだけのイナゴ連中の人気です

アニメが終わったらすぐに忘れられると思います。

クソアニメが褒め言葉と言うならば、このアニメはクソを上回る虚無アニメです。

見ていても何の感情も起こらないただ時間が過ぎるだけの虚無です。

 

今の次点でこのアニメの興味が大分薄れています。

土曜25時はこれを見るより、BS朝日で寺嶋由芙を見た方がいいかな

 

 

f:id:aniradi7:20180121220053j:plain

3話で一番笑ったのはこのディアステージ(しかも昔の奴)ネタです

煙草を吸うポプ美がもろミニモニの加護◯依だったり

左右2人の声優が元AKBだったり、細かい所にこだわっていて面白いのにね

本当に勿体無いと思う。