オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 純粋カフェ・ラッテ

近況報告と幕張メッセでんぱ組ライブへの想い

皆様お久しぶりです、約2ヶ月ぶりの日記となります。

 

何故2ヶ月程更新が途絶えていたのかと言うと

 

日々仕事が忙しかったのと、ネタ不足もあるのですが

1番の理由は11月に起きた不幸の連続でした

まず愛用のデスクトップPCが故障して2週間ほど修理に出していた

愛用PCが壊れたショックが大きくて気力がわかなかった

もう一つは11月の半ばから体調不良となり、現在病院に通院中です。

命に関わるレベルではありませんが(癌では無い)

状況が悪化したら入院の必要があるという厳しい状況です。

そんなわけで11月は厳しい日々が続き、PCの修理費と体の治療代で

予定外の出費が沢山出てしまった。結果

 

12月7、8日のでんぱ組.incの幕張ライブの

東京遠征を断念する事にしました。

 

当初の予定ではライブを楽しんだ後にブログを書く予定だったのですが・・

本当に申し訳ないです。

11月23日の岡山での大学祭イベも行く予定でしたがこれも断念。

 

今年の1月も咳喘息で武道館公演を直前でキャンセルとなり

夢眠ねむさんの卒業に立ち会うことが出来なかった。

今回もおそらく古川未鈴さんの結婚披露宴的なライブになると思うので

それに立ち会うことが出来ない事が本当に悔しい。

まさか2度も病気で遠征キャンセルになるとは僕は呪われているのだろうか

お前のようなちっぽけな人間にでんぱライブに行く資格は無いと

神が試練を与えているのか

いや、不幸を嘆いている場合ではない。

今年は突然の災害で不幸に見舞われた人が沢山いる、

その中で懸命に生きようとしている人達を考えたら自分は不幸とは言えない。

だから泣き言は言わない。

遠征費用は全部自分の体のメンテに使ったと思います。

 

今回の幕張も後日円盤が発売されると思うので発売日まで気長に待ちます。

 

災害と病気は突然やってくる、今年学んだ教訓です。

特に年を取るとほんと病気になりやすい、本当に恐ろしい・・

会場に行かれる皆様は体調に気をつけてライブを楽しんでください。

当日は気温が低く、関東は初雪が降ると言う予報も出ています。

特に長時間の物販列は体を壊す恐れがあるので無理をならぬように。

 

 

 

 

【幕張公演のゲスト多数出演について】

今回の公演名は「幕張ジャンボリーコンサート」

日本語では「にぎやかな宴会」を表す英語

本来の意味はボーイスカウトのキャンプ大会の名前だそうだ。

今年1年を締めくくる宴会でもあり、

結婚された古川未鈴を祝福する宴会でもあると思われる。

それもあってか多数のゲストが出演すると告知された。

今年の楽曲提供に関わった清竜人諭吉佳作/men

この二組はコラボライブが期待される。

ディアステからは現在鹿目凛が参加しているmeme.tokyoと

相沢梨紗桜野羽咲のユニットLAVILITHのライブも披露される。

そして、CYNYNやENGAG.INGなどのDSの後輩グループ達が

バックダンサーとして参加する。

バックダンサーの振り付けは虹のコンキスタドール的場華鈴が担当。

とまあ豪華ゲスト満載ででんぱ史上派手なライブになる事が予想される。

ディアステDDの僕としては凄すぎる面子だ!と大喜びだが

一方でSNSで不満の声も出ている。

主な内容は「でんぱ以外のゲストはいらない」

でんぱファンはでんぱ組以外のアイドルには興味が無い。という人も多く

でんぱは好きだがDS自体にはあまり興味がないと言う人もいる

でんぱのワンマンに期待したのにゲストが多すぎる事に不満を持っている。

メンバーもSNSの不評の声を察したのかTwitterでコメントを出した。

 

今回も未鈴さんの提案だろう。

ちなみにジャニーズJr.も似た理由でバックダンサーとして

大ステージに出演させているそうで

嵐などの人気グループもそうした経験があるから成長している

実際でんぱは大きい会場ではダンサーを用意している

1度目の武道館では当時のディアガール達が盛り上げたし

2017年の大阪城ホールではシンセカイセン(現:ByoB)と

Chu☆Oh!Dollyが宇宙センターの職員に扮したダンサーも素晴らしい演出だった。

後は@JAM EXPOのでんぱ組ステージで

最後にDSオールスター達が出演する演出もあって

「でんぱ組が築いた道にこれだけの仲間が集ったのかー」と感動したものだ。

今回のダンサー達を生かした演出をしてくれるだろう。

特にChu☆Oh!Dollyは12月28日に卒業が決まっており

6月にメンバーの大半が脱退をして、その結果グループを続ける事が難しくなり

不本意な形での卒業となる。

ちゅーどりが卒業前に大きなステージに立たせてあげたいという思いもあるのだろう。

他のグループもそれぞれ色々な思いと覚悟を持って幕張のステージに上る。

だから暖かい目で後輩たちを見て欲しいと思います。

この娘達頑張ってるな。初めて見たけどこの娘可愛いな。とか

心に余裕を持って見て欲しいですね。

 

 

 

更に「チケットが売れていないからゲストで客を呼ぼうとしている」

と言った意見もある。

今回チケットは3万円のVIP席と二種類の席、子供用の席が用意されているが

売り切れたのはVIPと子供席で、残り2つはチケットぴあ等を見ると

席にかなり余裕がある様子。

メンバーはTwitterで幕張への想いを沢山コメントしているが

同時にチケットが売れない事への焦りも感じられる。

特に鹿目凛Twitterでのイラスト芸を復活させて沢山投稿して宣伝している。

チケットが売れない理由としては夢眠ねむ卒業でファンが減少している事や

古川未鈴の結婚で他界したみりん推しも多いと思われる

未鈴さんの結婚は多くのファンは祝福したが

ネットではファンの否定的な意見もいくつか見られたし

何も言わずに去っていったファンも多いのだろう。

(それでもアイドルに対して暴言を吐かず、

黙って去るのはでんぱヲタの優しさを感じる)

 

実際問題、最上もが夢眠ねむのいないでんぱ組は濃さが減ったと思う

W.W.Dの頃のような泥沼から這い上がるようなストーリー性も無くなり

良くも悪くも普通のアイドルになっている。

ねむもががいた頃に比べて物足りなさがあるのも確か。

一方で「いのちのよろこび」や「形而上学的、魔法」のように

新しいでんぱ組の良さもある。

彼女達も発言していたがその時にしか出来ない曲を出している。

しかしメンバーと曲が変わっていても「萌えきゅん」という土台は変わっていない。

幕張は新体制になってから2019年のでんぱ組のまとめとなるだろう

メンバーも力を入れて取り組んでいる。

だからこそでんぱファンは見るべきライブだと思うのですね。

行けない自分が言うのもあれですが・・

 

ともかく、ライブの成功を祈りつつ新たな発表を待ちたいと思います。

祝!でんぱ組.inc 古川未鈴結婚!

9月18日 21時頃

 

PCでとある配信を見ながらツイッターを見ていると

あるワードが僕の心を動揺させた。

 

みりんちゃん結婚!

 

この言葉がいくつかツイートで流れてきた。

みりんちゃん結婚?今日のライブで発表されたのか?

突然のワードに僕はもっと調べようとするが

僕の心が現実を拒否する。

 

(みりんちゃん結婚って何かのドッキリでしょ?ぶっちゃけありえなーい

多分現実じゃなくてゲームの話だよ。

牧場物語の結婚イベント

艦隊これくしょんのケッコン

あるいは最近ドラクエⅤをプレイしてビアンカかフローラか

デボラと結婚したのかもしれない)

僕は色々想像して現実を拒否した。

ツイッターを更新する勇気が無く、落ち着ける為に近くのスーパーに買物に行く

半額セール目当てである。

 

スーパーではお寿司が沢山半額で売れ残っていたので

結婚を祝福するために少し贅沢をしてお寿司を買った

本当はお酒も沢山買いたかったが、明日も仕事なので控えておく

22時前に帰宅。

 

それでもツイッターを見る勇気が出ずに

毎週水曜22時からSHOWROOMで放送される寺嶋由芙の番組を見る

SRでもみりんちゃんの結婚コメントで盛り上がっている

「ここでも盛り上がっているのは結婚は本当の話か?」

 

 

もし結婚が本当ならお相手は誰なのだろうか?

みりんちゃんって交友関係が広いわけではないしな・・特に男性は

縁がある男性はNGCで共演していたふみいちか?

まさかえどさん? いや流石に年が離れすぎてるか

ファンキルでお世話になった今泉Pか?

ゲーム関係では無くて音楽関係も考えられる。という事はヒャダインか?

 

いや男性では無くて女性かも?ということはやはり相沢梨紗か?

でも相沢さんとだったら憧れている藤咲彩音が嫉妬してしまう。

恋の大三角形でトライアングル・ドリーマーになってしまうのか?

それとも番組で共演してから仲良くなってアプローチが強い古畑奈和か?

とまあ頭の中で妄想全開で落ち着かない。

 

考えていても仕方がない、事実なら公式から発表があるので

勇気を出してツイッターを更新した。

更新したツイッターには思わぬ相手との発表だった。

 

 

 

 

 

 

麻生周一先生だって!?

週刊少年ジャンプで連載されていた斉木楠雄のΨ難の作者で

漫画界1のでんぱ組ヲタと言える漫画家

作中ではでんぱ組ネタを入れたり

アニメの主題歌に起用したりと、でんぱ愛が強いこの方と

みりんちゃんが結婚ですと!?

 

漫画家とアニメ化した声優との結婚というケースはいくつかあって

最近だと畑健二郎ハヤテのごとく!)と浅野真澄が有名ですが

アイドルとの結婚は前代未聞です

しかも自分の推しアイドルとの結婚って

ドルヲタにとっての最大の夢を掴んだと言えますよ。

ただ麻生先生は相沢梨紗推しと公言していて

ツイッターでは相沢さんはどうした!とツッコまれていたのが微笑ましい

 

このイラストからも麻生先生の愛が溢れている。

 

ツイッターではでんぱメンバーはもちろん

ディアステのアイドルや他アイドルや関係者からも沢山祝福の声が届く

みりんちゃんのリプにも沢山のファンからの祝福リプが届き

古川未鈴と言うアイドルが多くの人に愛されているかが分かる。

 

一緒のグループだった最上もがからも祝福が届いた。

このツイートからは元メンバーに伝えたいと思う優しさと

自分の夢を捨てないかっこよさが伝わってくる。

先日の東京ゲームショーでは、お互い仕事をしていて

会う事は出来なかったが、お互いの存在を想っていた言うツイートをして

離れても心が繋がっているのだと感じられた。

 

沢山の祝福のツイートを見ているうちに涙が出てきた

悲しみではなく、歓喜の涙である

僕の愛する古川未鈴はこんなに多くの人に愛されてきたのか

生きる事に不器用で他人にはあまり興味が無いみりんちゃんが

生涯の伴侶を見つけるまでに愛を知ったのか。

何よりも涙を流せる程、古川未鈴を好きな自分を改めて実感していた。

結局寺嶋由芙の番組には集中できずに内容は殆ど覚えていない。

ごめんねゆっふぃー。でも今日だけは許してくれるよね。

 

 

23時からはBS日テレの乙女酒が始まる。

今週はみりんちゃんの出身地の高松のロケ。

番組では毎回笑顔で酒を飲んだり、小動物のように食べる姿が見られる

それを見るのが微笑ましいのだが

今日は「麻生先生はみりんちゃんのこの姿をずっと見られるんだなー」と

思いながら見ていた。一緒に飲める古畑さんも羨ましいけどね。

なお、乙女酒は来週の放送で最終回らしい。半年の楽しみも終わってしまう。

 

 

 

みりんちゃんの結婚はライブ会場で発表された。

9月18、19日のウッハヤーツアーラストとなる2日間

この2日間のライブに関して、一部のでんぱヲタからある噂が出ていた

それは古川未鈴が卒業発表するのではないか?と言う事

 

ここ最近のみりんちゃんは人前で泣く事が増えていた。

7月末にでんぱ組と虹コンのJrオーディションのメンバー発表があり

でんぱ組のジュニアユニット「meme tokyo. 」のお披露目の時には

みりんちゃんとりさちーが一緒に泣いていた。

そして先日僕が行った大阪公演でも最後の曲の途中で泣いていた。

 

みりんちゃんはあまり感情を表に出さないクールなイメージがあった

実際本人も人前で泣くことを良しとしない

その彼女が泣く場面が増えたのは何故だろうか

もしや卒業が近づいているから泣いているのか?

 

最上もが夢眠ねむと大切なメンバーがいなくなるのを乗り越えて来て

でんぱ組が続いていく限り僕は最後まで応援すると決めている。

だが古川未鈴は僕にとっては特別な存在でもあり、でんぱ組の中心でもある

その彼女が卒業したらでんぱ組といえるのか?

古川未鈴がいないでんぱ組は想像できない、いやしたくない。

もし卒業が決まったら僕のでんぱ組への強い気持ち、強い愛は残るのか?

そうした期待と不安の中で18日を迎えた。

実際に来たのは卒業どころか結婚発表という予想だにしなかった出来事だった。

 

 

もちろん、でんぱ組の娘達はいつかは結婚するとは思っている

特におとな組と言われる、えいたそまでの初期メンは年齢非公表だが

お年を召しているだろう。心の中で結婚は考えているとは思う。

(Yahooニュースとかでは思い切り年齢バラしてますが・・)

しかしでんぱ組は皆人見知りという事もあるし

特にみりんちゃんは不器用すぎる人なので、男性がいるのは想像できなかった

一生アイドル宣言をしているので未婚のままアイドルを続けていくのかと思っていた。

逆にねむさんはアイドル時代から婚活宣言をしていて

跡部みぅの次はねむさんの結婚発表だと思っていた。

だからこそ、まさかみりんちゃんが!?と予想外の展開に驚いてしまった。

 

 

最近の涙は結婚する私をファンは喜んでくれるだろうか?という不安だったと思う

2017年の活動休止やメンバーの脱退や卒業で

ファンが減って行くのをみりんちゃんは一番感じていたと思う

悪く言えば最近のでんぱは期待外れな事が多かった。

それで結婚発表でファンはどんな反応をするのか不安だっただろう。

でんぱ組で誰よりもアイドルへのこだわりの強いみりんちゃんだから

内緒で恋愛をしていたことは、ファンに対して自分を偽っている事になる

偽りの自分を見せる事に悩み苦しんでいたのかもしれない。

更に当日は大勢のファンの前で告白しないとならない。

それでもみりんちゃんは最初に会場のファンに伝えたいと思って発表をした。

これに関して賛否両論あって、否定的なコメントをしているファンもいる

それでもみりんちゃんの想いと勇気は認めたい。

古川未鈴というアイドルだから心から祝福出来る。

相手も漫画やアニメで、でんぱ組を応援してサポートしてきた

麻生周一だから信頼が出来て祝福出来る。

斉木楠雄が人気作品になったのもでんぱ組の力があった

麻生先生のモチベにもなっただろう。

 

みりんちゃんは結婚後もでんぱ組としてアイドルを続けると宣言した。

結婚したアイドルなんてアイドルと言えるのか?という意見もあるだろうが

でんぱ組は常識にとらわれないアイドルである。

それに結婚後も古川未鈴の根幹は変わらないだろう。

これからも気さくでゲーム好きでかっこいいアイドルでいてくれる

 

これからでんぱ組や古川未鈴はどう進むかは分からない

だが9月18日と言う日はでんぱヲタの心に残る記念日になるだろう。

今はただ祝福の時を楽しみたいと思う。

 

 

改めまして、古川未鈴さん。麻生周一先生

ご結婚おめでとうございます!

お二人の末永いお幸せを願っています。

でんぱ組ライブ 大阪公演に行ってきた

8月28日、でんぱ組.inc 全国ホールツアー UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019

の大阪公演に行ってきました。

全国7ヶ所を回るホールツアーで、大阪公演がラストです。

 

平日でしたが休みを取って新幹線で大阪に移動

だったのですが当日は朝から大雨で移動が困難

雨の中近くの駅から広島駅に行く予定だったのですが

なんと接触事故とやらで電車がストップと言う最悪の事態に

おざけんな!人に迷惑をかけるやつは大嫌いだ!

 

仕方なく市電で広島駅まで移動、自由席だったので何とか乗れましたが

当初の予定より2時間も遅れて大阪に到着

当初は日本橋で遊んで会場に行く予定だったのですが

時間も少ないので梅田のまんだらけに立ち寄る

梅田店のTwitterでツアーにあわせてでんぱ組グッズの紹介をしていたので

アイドルコーナーに行って見物しました

ガラス棚の中にでんぱ組の昔のチェキ等が売られていて1枚5千円とお高い値段

でんぱ組以外にも他のアイドルさんのレアグッズも置かれていましたが

僕が驚いたのは「ぜんぶ君のせいだ。」エリアが出来ていた事です。

グッズやレアDVDの他に、ランチェキが沢山置かれていた

元メンバーのチェキも沢山ありました

値段は1枚400円で、ましろのみが600円

大阪はぜん君ファンが多いんでしょうか、結構ライブもやってますし。

まんだらけ梅田店を後にして森ノ宮近辺に移動

今回の現場のNHK大阪ホールに行きます。

1年3ヶ月ぶりで、少し懐かしい感じでした。

 

実は大阪は初めてでんぱのライブを見た地です。

2016年のツアーで初めてでんぱのライブを体験したのはオリックス劇場です。

アイドルのライブは初体験だった自分は緊張しながら会場に入って

生で見たライブに感動して涙を流した思い出があります。

そして2017年末の大阪城ホールも忘れられない

そういう意味で大阪は思い入れがある所です。

 

17時半過ぎに入場して物販で1500円のブロマイドセットを購入

席は2階席の後ろの真ん中の通路側だったのでスペースがある

しかも隣が女性だったのでラッキーでした。

ちなみにバンもんの時も2階席の後ろ側だったのですが

その時は2階席が大分空いていて、スタッフさんから

前列に移動するようにと言われ、2階最前列でバンもんライブを見ました

その時はラッキーでしたが、一方で全席うまっていなかったのが複雑な心境でした

それに対して今回は満席で、でんぱ人気の高さを感じました。

 

ライブは10分程遅れてスタート

ウッハヤー!の掛け声と共にメンバーが1人ずつ入ってきて

1曲目から「いのちのよろこび」で飛ばして行きます。

 

今回のライブはいつものでんぱらしい勢いで飛ばしていくパートと

静かにじっくり歌を聴かせるパートに別れているのがポイントです

 

 

勢いで飛ばすでんぱは大好きだけど

個人的には聴かせるパートが新鮮で良かった。

最近の「形而上学的、魔法」もライブで披露をして

ライブでもメンバーが歩いてサビでダンスと

MVを再現していて見ごたえがあった。

TIFや@JAMでトリを努めて大盛況だったでんぱだが

フェスでは熱い曲メインで、ワンマンで静かな曲が長く見られるのは良かったと思う。

 

「キラキラチューン」では喧嘩コントが復活していた。

喧嘩コントとはキラチュンのダンスでメンバーがみりんさんにぶつかり

それに対してみりんさんが怒ってステージから降りていき

慌ててみりんさんを連れ戻した後でぶつかったメンバーが謝るというもの

その後に「大人になった今だって!」と言うファンの掛け声が合うのだ

ただ、2015年のライブを最後に喧嘩コントはやらなくなり

もうキラチュンでやることはないのかと思ったら今ツアーでの復活である。

以前はピンキーが悪ふざけをしてみりんちゃんが怒る展開だったが

今回はねもぺろが悪さをするパターンだった。これも新鮮だね

 

ライブ中のミニコーナーは「でんでんリクエスト」と「でんでんメモリー」の2つ

リクエストはTwitter上でライブで聞きたい曲のアンケを取り

それを元に最近セトリに無い曲を歌う企画。

大阪公演では「ブランニューワールド」が選ばれた

現体制になってから歌うのは初めてで、ねもぺろは初めて歌う曲となるが

特にねもちゃんのパートが光っていた。

ねもちゃんによると彼女の父親がでんぱで一番好きな曲なのだとか。

1番だけだったのが物足りなかったけどね。

 

でんでんメモリーはメンバーがツアー先に前乗りして観光する企画

大阪は相沢梨紗藤咲彩音の2人。相沢さんが育った地でもありますね。

大阪と言うことでたこ焼きや串カツとか美味しそうな店ばかりで見てて食べたくなる

他のメンバーの映像も見たい、全会場回った人が羨ましい。

 

ライブは終盤に差し掛かってヒートアップしていく中

なんと「強い気持ち、強い愛」を歌う。

この曲は小沢健二のカバー曲で、オザケンが大好きな夢眠ねむお気に入りの曲

(当初ねむきゅん以外のメンバーはこの曲を全く知らなかったと言う)

この曲を終盤で歌うのはねむきゅんに向けた曲なのだろうか。

 

最後の曲は「秋の葉の原っぱで」

今回のツアーではでんぱのライブには珍しく階段がセットされていて

メンバーがそれぞれ階段に座って歌う。

途中でみりんちゃんが泣き出す所もあったが、ライブは静かに幕を閉じた。

でんぱのライブは最後は派手に終わるぜ!と言う感じで

静かに終わるのは今ツアーで初である

GOGODEMPAであしこなで終わるような感じを体感した。

 

 

ライブの感想は「素晴らしすぎた」の一言に尽きる。

春の東名阪ツアーよりも新体制でんぱが完成されてきた感があった。

特にねもちゃんの歌声やパフォーマンス力もレベルアップしていて

虹コンとの兼任の中で本当に頑張っていると思う。

ぺろりんも歌割りが増えてきて歌唱力が上がっている。

今ライブで一番成長を感じられたのがえいたそである。

元々声が大きいえいたそだが、更に声の通りが良くなっている。

これは毎週プリキュアのアフレコを経験している事で

発声が強くなったからだろう。

声優ライブは声優の発声がしっかり出来ているので聞き取りやすい

この点が声優ライブが人気がある一つと言える。

えいたそはその技術を会得している。

ピンキーは舞台「GEAR」で得たパフォーマンス力の強化

りさちーは美しい歌声、みりんちゃんのセンターとしての存在力とダンス力

そこには楽しいでんぱ組.incの世界があった。

夢眠ねむ卒業の武道館が素晴らしすぎて、武道館以降のでんぱを楽しめるのか?

という不安もあったが、でんぱ組はファンの期待に答えてくれた。

素晴らしいライブをありがとう。心から感謝の言葉が出る。

出かける時のトラブルもあったが、大阪に遠征して良かった。

思い出に残る8月28日でした。

 

 

 

・今後のでんぱ組の課題

僕にとっては大満足のライブだったが、いくつか気になる点もあった。

今回のツアーだが、東京と大阪公演以外はSOLD OUTをしなかった。

ライブが全部平日というのもあったが、以前は地方でもSOLD OUTしていた。

明らかにファンの総数が減っている。

今回の大阪ホールも過去のライブに比べてファンが大人しかったように感じて

掛け声も以前より少なくなった感じがした。

実は別会場であしこなの時に掛け声を入れた人がいて

それに対してみりんちゃんがTwitterで注意をした事があった。

でんぱ組の応援はある程度ファンに任せていて、みりんちゃんは基本注意をしない

方針にしているので、彼女が注意するのは余程の事。

その影響もあってファンは控えている事も考えたが

でも盛り上がる曲で声援が少ないのも違和感があった。

明らかに熱狂的なファンが減っている。

 

最上もがの脱退でまずライトなファンが去り

ねもぺろの加入で新メンバーを認めないファンが去っていったが

武道館の夢眠ねむの卒業でコアなファンが去っていき、これが一番影響力が強い

ねむきゅん推しはたぬきゅん等のグッズを持ってライブに来る人が多く

コアな推しが多い印象だった。

ねむ推しのファンが沢山離れたのかもしれない。

 

実はライブのMCでみりんちゃんが「ホールツアーをするのが難しい」と発言していて

今のでんぱ組のホールツアーは厳しい状況なのが伺わせる

 

東京も東京五輪の関係で箱を抑えるのは厳しい状況で

地方もファンが減ってSOLD OUT出来ない

帯に短したすきに長し状態である。

6月に発売された「いのちのよろこび」も過去のシングルよりも売上枚数が減っている

(ジャケットのギャルメイクで買う人が減った可能性もあるが・・)

MVも再生数の勢いが過去に比べて減っている。

 

今年は新曲6曲も作り、MVも4曲制作して去年より速いペースで投入している

更にもふくちゃんがでんぱのプロデューサーとして戻った事から

でんぱ組に危機感を持っているのだろう。

何よりでんぱ組はディアステージの顔なので、

でんぱが崩れれば他も総崩れになる可能性も高い。

人気があったベボガ!や妄キャリも解散をして

CYNHNやENGAG.INGはまだファンが少ない、

今のディアステは中堅アイドルがいない状態で

現状でんぱと虹コンに頼るしかない。

 

でんぱは9月18、19にZeppDIVERCityでの2DAYSが決まっていて

そこで何か発表があるのではないかと噂になっている

ライブのタイトルが意味深なので非常に気になる所

私は現場には行けないが公式発表を待とうと思う。

仮に重大発表があったとしてもその時に考えれば良い。

 

ただ今回のライブを見て、メンバーが変わってもでんぱ組の魂は変わらないと思った。

だから今後大きな変化があっても僕はでんぱ組が続く限り応援を続けていく

いのちのよろこびを与えてくれるでんぱ組を楽しんでいきたい。

京都アニメーションの事件と今の想い

最初に今回の火災で亡くなられた社員の方々の
ご冥福をお祈り致します。
そして、現在治療を受けている社員の方々の
早い回復を祈っております。
 
 
 
19日に事件の一報を聞いた時は
最初は頭が真っ白になり、それでも
社員の人達は助かるよね?と希望があった
いや、希望があってほしかった。
 
しかし焼け落ちた第1スタジオの写真
30人以上亡くなったスタッフ
過去の資料が全て失われてしまったという
記事を見て、希望は全て絶望に変わった。
 
事件当日にこの事をブログに自分の想いを
書き殴ろうと思っていたが
色んな感情が渦巻いていたし
事件の情報も少なかった事もあり
少し冷静になってから記事の内容を考えた
 
土日は大阪遠征もあったので
それが終わってから書こうと思った。
遠征目的は純粋カフェ・ラッテの大阪公演だったが
彼女達のお陰で大分元気になって、
大阪に行けて良かったと心から思う
 
大阪にいる間は少しでも現実を忘れられた
ネットもツイッターのみにしていたが
地元に戻れば嫌でも現実が待っている
状況は何も変わらない。
 
 
 
アニメオタクの僕は京都アニメーションと共に育っていったと言える
僕のPCゲームデビューがKeyの「Kanon」で
当時のヲタ友から勧められてプレイした
初めてのPCゲームはプレステより映像も音もきれいで
何よりシナリオに感動して泣きながらプレイした覚えがある
Kanonをプレイしたのは2000年の夏で、その頃には「AIR」も発売していた
AIRもプレイして鍵作品にすっかりハマってしまい
当時コミケで同人誌を買うほどだった
2004年にはCLANNADもプレイをしてハマった
 
そして2005年にAIRのTVアニメ化が発表された。楽しみだった反面、
シナリオが長いAIRを1クールでまとめられるの?という不安もあった。
当時美少女ゲームブームでアニメ化が増えていたが
殆どが低予算で原作のシナリオを再現出来ていない微妙な作品ばかりだった
なお、AIRは同じ年に東映アニメーションによる劇場版もあったが
こちらは出崎統による原作とかけ離れ過ぎたアニメだった
(こっちもある意味面白いのだが)
そういう訳であまり期待をせずに見て衝撃を受けた
 
美しい背景と細かい動作もある繊細なアニメーション
12話にうまくまとめられた原作のシナリオ
そこにはゲームで体感したAIRの世界がそこにあった。
ゲームは1枚絵とテキストだけだがアニメは動きがある
特に海岸でのシーンや、もうゴールしてもいいよね?のシーンの臨場感が凄く
何度見ても涙が溢れてしまう。
美少女ゲームは所詮エロゲーだと舐められがちだから
適当に作られたアニメが多かったと思う
だが、京アニは作品に真摯に向き合ってAIRを作り上げた。
 
京アニはその後「Kanon」のアニメも制作
アニメのオリジナルシーンを追加したりとゲームとは一味違うKanonを作り上げた
CLANNAD」では分割2クールと言う長さで
原作の長いシナリオをアニメで表現してくれた
主人公の岡崎朋也と嫌っていた父親との和解シーン
父親と祖母との再会シーンは何度見ても涙が止まらない
 
 
2006年の「涼宮ハルヒの憂鬱」は深夜アニメに革命を齎した
原作の時系列をあえてバラバラにして涼宮ハルヒの何とも奇妙な世界を表現
そしてEDのハレ晴レユカイの細かいダンスシーンや
文化祭の「God knows」の迫力のあるバンドシーンは視聴者を魅了した
歌とOPのダンスが話題となり
ハレ晴レともってけ!はネットにダンス動画を上げる人が増えて
「踊ってみた」動画のブームを作った。
涼宮ハルヒから2000年以降の深夜アニメブームとなり
京アニがアニメの新時代を作り上げたと言える。
その後の「けいおん!」の影響でバンドを始める人も増えて
主演の豊崎愛生寿美菜子知名度が上がり、声優グループ「スフィア」の人気拡大に繋がった
あずにゃんこと中野梓役の竹達彩奈はこの作品で一気に人気声優となった
(遅れましたがご結婚おめでとうございます)
 
KADOKAWAと連携をしていた京アニは独立をして
作品を一般公募をして、優勝した作品を小説化の後にアニメ化する流れにした
「Free!」や「響け!ユーフォニアム」はこのように誕生した
響け!ユーフォニアム吹奏楽部内の人間ドラマに
圧倒的なオーケストラシーンが新作が出る度に楽しみだった。
 
近年は女性向けの作品が増えて、作品を見る機会が減っていたが
クオリティの高い作品を作り続けていた。
 
低収入、時間外労働が当たり前でブラックと言われているアニメ業界の中で
京アニは8時間労働を守る会社だったという。
そうした環境で優秀なクリエイターが集まり、アニメ制作をしていた。
 
短くまとめたが京アニに関しては語りたい事は沢山ある
素晴らしい作品の数々をもっと多くの人に伝えたい。
それが2019年7月19日に悪意を持った人物によって全てが失われてしまったのだ。
 
 
 
今の気持ちはもう腹ただしいなんてもんじゃない
犯人はもちろん、もし神様なんてのがいるなら
この運命を決めた神様を悪魔と契約してでもぶん殴りたい気分だよ
なろう主人公になってチート能力で全てを元に戻したい
デスノートで世界中の悪人の名前を書きたい。
何でこの世界には罪なき人々を守る正義のヒーローがいないんだ
何故悪意によって正しき者たちが犠牲にならないといけないんだ
でも僕がいくら嘆いたところで残酷な現実は変わらない。
 
 
京アニの事件は世界中の人々に多くの悲しみを与えた
僕もそうだが長年付き合ってきた親友や恋人を失ったような気持ちだろう
放火犯のやった行為は911テロレベルの世界中を悲しませたテロだ。
 
 
 
この事件で僕が一番危惧しているのは今後アニメ業界が衰退していく恐れがある事
京アニは多くの人材、設備、資料が全て失われた
現在京アニの為に世界中から募金が集まっているが
以前のような状態に戻る事は難しいだろう
 
そして火災シーンの規制が入る事
現在放送中の「炎炎ノ消防隊」は既に放送が中止された
一時的なものならよいが、アニメ中止もありえる事態だ
劇場版名探偵コナンの爆破シーンも規制されるかもしれない
現状、アニメ業界はDVD等の売上が減って苦しい状況で
業界のブラックさやパワハラ問題も出ているし
別のアニメ会社では社長の脱税事件も起きている
今のアニメ業界は薄氷の上を歩いている状態、更に氷が割れてもおかしくない
 
 
 
この状況の中で僕達は何をするべきだろうか。
一つは京アニ作品のグッズを購入したり、アニメイトの募金箱にお金を入れる事
注意する点はアニメイト等の公式の場所で募金をする事で
街頭募金は詐欺の可能性があるので決してお金を入れない事
 
次にYahoo等の公式ニュースを見て冷静に推移を見守る事
アニメ系のまとめサイトでは京アニ事件のスレを沢山立てていて
コメント稼ぎをしているが一切見ない事だ
人の不幸で金を稼いでいる下衆な奴らだ。
 
地上波のニュースも当てにならない
一部ワイドショーではでたらめな報道をしていたし
ミヤネ屋の宮根誠司は「ガソリンってこんなに燃えるのか!」と無知を晒していた
何十年もワイドショーをやっている人間がガソリンの危険性を知らないのだ。
もっと酷いのは週明けには参議院選挙や吉本興業の報道ばかりで
京アニ関連の報道が無くなった事だ、いくらなんでも扱いが軽すぎる。
今回の事件は日本の放火事件で過去最大の死者が出たとされている
(2001年の歌舞伎町ビル火災は死者44人だが、出火原因は未だに不明)
これは放火犯によって起きた日本国内のテロである。
テロによって日本の文化と財産が失われたのだ。
最近、芸能事務所の社長が亡くなった時は大きく報道したくせに
こっちは優秀なクリエイターが沢山亡くなったのにこの扱いの差は何だ!
 
放火犯は現在重体で治療が行われているが、最悪亡くなる可能性もある
亡くなれば犯行理由は分からないままになる
このまま事件の全容が分からないまま終わらせてはならない。
 
安倍総理Twitterで事件に触れて
公安に依頼をして事件の調査に乗り出している
今後二度とテロが起きないように完璧な調査をしてほしい
来年の東京五輪を狙ったテロが起きないとも限らない。
 
 
 
最後に日本アニメーションと言う文化を守るために
悪意に負けずにアニメを楽しんでDVDやグッズなどにお金を出す
アニメの楽しさを多くの人達に伝える事。
それが僕達アニメオタク達の出来る事だと思う。
最悪な状況だが京都アニメーションが好きという気持ちは変わらず
過去に生まれた作品達を愛し続けて伝えていく、
それが亡くなった方々への供養になると思う。
 
 
僕も最近諸事情でブログを休んでいたが
自分の好きな事を多くの人達に伝えていきたいと思う。
僕達は悪意には絶対に負けない。どんな状況でもオタクとして楽しんで行きていく。

小学生YouTuberのお話

基本的に政治系とかの話は当ブログではしたくないのだが

この件については語りたい事があるので書きます。

 

 

沖縄の小学生YouTuberがYahooのニュース記事になって

その記事がネット上で叩かれまくっている話です。

その子は少年革命家と名乗っている10歳で

小学校を不登校になってYouTuberとなり

全国のいじめや不登校に悩む子供や親に

不登校は不幸じゃない」とメッセージを送っている。

その子が不登校になった理由が

宿題を拒否したら、放課後や休み時間にさせられて不満を持ち

先生の言う事を聞く同級生がロボットに見え

俺までロボットになってしまうから、学校に通わなくなったという

そして悩み相談を受けた相手に「学校へ行くな」とアドバイスをしている

 

 

ネット記事を見て概要を書いたのですが、何かもう色々ツッコミ所がありすぎる。

いじめで不登校になったのならまだしも

学校の規則が守れないから不登校って

この子は親公認でYouTuberをやっています。

普通の親なら子供の不登校を何とか改善しようとするのに

この子の親は子供にYouTuberをやらせるのだからロクな親じゃありません。

(ネット上では親の職業も明かされています)

てか、沖縄で革命家とか名乗ってる時点で胡散臭さを感じてしまう。

試しに一つだけ動画を見たのですが、台本を読んで配信している感じだった

(宣伝にしたくないのであえて名前は出さない)

 

ここで別の小学生配信者のお話をします。

僕の知ってる配信者に斉藤みりと言う女の子がいます

彼女は「小5みり」という名前で毎日SHOWROOM配信をしている。

9歳の時から芸能活動をしていて、当時は小3みりと言う名前だった

彼女はプログラムの勉強をしていて

配信ではプログラミングで作った映像を背景にしていたりする

彼女はトークも上手で大人の視聴者達を楽しませている

もちろん親公認で学校に通いながらの芸能活動

つまり小5みりは、小学校に通いながらプログラムの勉強をして

SHOWROOM配信をしている。

 

他にも学校に通いながら仕事と両立している小学生は沢山いる

それに比べたらこの少年革命家は何と薄っぺらいことよ

こんな薄っぺらい子供に「学校に行くな」と言われても説得力がない。

本当に不登校に悩んでいる子供に比べたら完全に甘えである。

 

10連休のGWが終わって、学校や会社に行くのがダルいと思う人も多いだろう

そんな人達の為に立憲民主党がこんなツイートをしてくれた

長いGWも終わり、明日から学校が始まります。学校に行くのがいやなひと、なかなか行くことができないひと、無理しなくても大丈夫。世界はもっともっと広いから大丈夫です。まわりの大人も、無理に行かせないでまずは話を聞いてあげてくださいね。

(リンク貼るのもアホらしいのでそのまま入力した)

 

僕は不登校の子供に対して無理にいけとは思わないし

親も無理に行かせる前に話を聞いてあげるのも正しいと思う

でも、こんな事民主党に言われたくないよね。

国会を何十連休もやってる民主党が言っても説得力がない。

しかも少年革命家のニュース記事の後だから作為的に思ってしまう。

不登校の子供を増やして日本人を馬鹿にする計画じゃないかと思ってしまう。

政党が国民の3大義務「教育の義務」を否定したら駄目だろう。

 

 

さっきも言ったが、不登校の子供を無理に行かせろとは思わない

でもずっと不登校でもいられないとは思う

学校は勉強や社会を学ぶ場だから、社会に出るために必要な事

学校で勉強をしていない子が社会に対応出来るだろうか?

結局社会に馴染めずに家にしか居場所が無く引きこもりになってしまう

不登校を解決するには、子供が再び登校出来るようにする事が大切だと思う

いじめで不登校になったのなら、いじめる側を学校から排除する事も必要だと思う

いじめられた側が学校から爪弾きにされるのは間違っている。

 

僕もコミュ障で人付き合いが下手で、過去にいじめられた事があって

学校に行きたくないと思ったことが何度もある

でも学校に行かなかったら親に迷惑がかかる

だから辛いことに耐えて学校に通い続けた。

昔母親に「小中学校は重要ではない、大切なのは高校の時期」と言われた事がある

高校時代に出来た友達が人生の友達になると教えてくれた。

小中学校はコミュニティの集合体なのに対して、高校は自分で選んで行くので

同じ目的の人達が集まるからそこの友達が重要だと言う

結局、高校の友だちは出来なかったが・・

 

僕は学生時代にもっと勉強していればよかったと思うし

先生の言うことを聞いていたら良かったと何度も思ったことがある

でも後悔しても学生時代に戻れない。

小学生で不登校になるのは、学校での学びや人間関係を失う事になる

もしYouTuberブームが終わったらどうするのだろうか

小学校を棒に振って何が残るだろうか

先生の言いつけも守れない、周りの人間はロボットだと見下す

仮に就職してもすぐに辞めて社会に馴染めずに終わるだろう

 

僕が尊敬するでんぱ組の古川未鈴は親と喧嘩をしてまで高校を中退した

でも彼女はアイドルになるという明確な目標を持って

高校は意味がないと思って自分で人生選択をして努力をしてアイドルになった

それに未鈴ちゃんは運が良かったのもある

未鈴ちゃんと同じことをしてもアイドルになれる保証はない

YouTuberにしても、誰でもヒカキンのような人気YouTuberになれるわけではない

子供の時からYouTuberと言う不確かなものに人生を賭けたら駄目だろう

まあ、赤の他人で僕には関係ない事なのでこれ以上言うことは無いが

彼の「学校に行くな」を真に受ける人が増えないことを願っている。

 

 

 

最後に不登校に悩む人達に対して僕からのアドバイスですが

とにかく1人で抱え込まずに親や先生とか頼れる人に相談して欲しい

自分を助けてくれる人は必ずいると信じて欲しい

ネットの悩み相談掲示板を利用しても良い

僕がオススメなのはでんぱ組の「W.W.D」のMVとライブ動画を見る事です

彼女達の歌と踊りは勇気づけてくれる。

少年革命家の動画や立憲民主党のツイートよりも説得力がある。

実際にでんぱ組で人生を救われた人は沢山います。

更にでんぱ組のライブDVDを見れば、でんぱ組に会うために生きようと思えてくる

彼女達は学生時代に辛い経験をしたり、

メジャーアイドルになるまで泥水をすすって生きてきたんですよ。

不条理なこの世界でも彼女達は生きようとして

多くの人達を救おうとしてます、10歳のYouTuberより説得力があると思いませんか

 

要するに今回のブログはこれが1番言いたくて記事にしました。

マイナスからのスタート舐めんな!

 

 

白魔女学園がパチンコ化!?

でんぱ組の主演映画に「白魔女学園」と言う作品があります。

その白魔女学園が何とパチンコ化されるとの事。

 

このように公式サイトも出来ている。

そして公式サイトの音楽をONにすると・・・ん?聞いたことの無い曲だ!

しかも松隈ケンタさんの曲では?

実はCR白魔女学園はいくつか専用楽曲があるそうで

映画EDのブランニューデイズの他にも新曲があるらしい

公式サイトで流れているのはその新曲なのだが

夢眠ねむ最上もがもいる6人のでんぱ組の曲である。

でもこの曲はいつ収録したの?

想像ですが、映画EDはいくつか候補があって、その中で採用されたのが

ブランニューデイズだと思われます。

なのでブランニューと同時期に収録したのでは無いかと。

 

実際に試打した動画もいくつか上げられていて

演出もかっこよくて、羽のギミックも良いですね。

映像はでんぱ組だけかと思いきや、映画の他のキャラも使用されていて

小宮有紗戸松遥の映像まで使われているのは驚きです。

 

でもオワリトハジマリはもう4年前の映画なのに何で今頃出すのか?

それに白魔女学園はでんぱ組ヲタ以外知らないだろう

これも推測ですが、当初はもっと早く出す予定だったと思います

時期的に見て2017年辺りかと

ところが最上もがの脱退で制作が一時止まって

遅れながらも何とか今年出すことになったのではないかと

当然、もがちゃんの事務所スプレマシーにも許可をとっているでしょう。

そこまでして出したかったのはやっぱり

最上もががいるパチンコなら売れる!と見込んでの事でしょう。

今でも地上波のTV番組に出演するほど彼女のカリスマ性は高いし

それに私見ですが白魔女のもがちゃんは本当に美しいです。

僕が白魔女もがちゃんに惚れて、最上もがに興味を持ったきっかけでもあります。

思えばこの映画から僕のでんぱ組ヲタ人生が始まったと言えます。

でんぱ組ファンでまだ白魔女を未見の方は2作の視聴をおすすめします。

但しかなり暗い内容なので、見た後は精神が削られるかもしれません

何よりメンバーが好きな程メンバー同士が争うシーンは心が痛むし

特に成瀬瑛美の演技はトラウマ級です。

でもこの演技があったからこそ今のプリキュアに繋がっていると思う。

 

 

でんぱ組のパチンコ化は今回が3度目で

1度目はウルトラマンの「ぱちんこウルトラバトル列伝」

パチンコ用の2曲が公式MVで見る事が出来ます。

WWDBESTの巨大化もがちゃんの元ネタがギタギタMVです。

 

 

2つ目が「ぱちんこCR銭形平次withでんぱ組」

この台では「ガッテンダ!」と言う専用曲があるのですが、音源化されてません

実質6人のでんぱ組ラスト曲にです。

この動画の最初に出てくる悪代官に囚われた村娘は当時の妄想キャリブレーションです。

ガッテンダ!やCR白魔女の曲を権利関係をクリアして何とか音源化出来ませんかね

 

ファンとしてはCR白魔女で遊んでみたいのですが

僕はギャンブルに負けるとかなり凹むタイプで

更にパチンコ屋のうるさい音が苦手です。なので実際に行くことはないですね。

 

 

この記事を書いている途中でもがちゃんがでんぱ組についての事を書きました。

その件について別の記事で想いを書きたいと思います。 

 

作品とファンに対して真摯に向き合わないコンテンツの末路

けものフレンズ2」が現在ネット上で大炎上している。

 

けものフレンズ(以下:けもフレ)は野生動物を美少女に擬人化した作品。

KADOKAWA初の企画で、元々はソーシャルゲームだったが

ゲームは不人気でアプリは終了、そもそも殆どの人が知らない状況だった。

しかし、2017年1月のアニメで状況は一変する。

最初は全く注目されていなかったが、ネットの口コミで少しずつ評判となり

最終回の頃には大ヒットアニメへと成長していた。

一見普通の萌えアニメに見せかけた、重い世界観に少しずつ明かされるシナリオ

主人公の「かばんちゃん」とサーバルやフレンズ達との友情

僕を含めて多くの人がけものフレンズと言う作品に引き込まれた。

アニメけもフレの世界を作ったのは制作会社ヤオヨロズ

たつき監督がほぼ一人で制作をした

 

主題歌の「ようこそジャパリパーク」も大ヒットして

OP歌手の「どうぶつビスケッツ×PPP」も人気が出て

2017年の様々なフェスに呼ばれ、Mステーションに出演するまでに至った

けもフレはアニメ2期の制作も決まり、更に発展していくとファンは思っただろう。

だが、自体はファンの望まない方向に進んでいった。

 

2017年の9月にたつき氏が「けものフレンズの制作から外された」

というツイートでけもフレは悪い方向に進んだ。

たつき監督のけもフレを望んでいたファンは当然激怒をして

ネットではKADOKAWAに対する叩きが進行していた。

けもフレの関係者は事態を何とか収束しようとコメントを出したが

肝心の「たつき氏とヤオヨロズが制作から外れた理由」の説明が無く

ファンは製作委員会に対してずっと不信感を持つ状態になった。

 

それから「けものフレンズ2」が正式発表され

SEGAとのコラボや舞台等、コンテンツの名前は全てけもフレ2となり

アニメは2019年1月の放送が決まった。

既に多くのファンが2に期待していない状況で

僕も1を超えられるとは思っていなかった。

既にアンチとなったファンは何をやっても叩くと思うので

2のスタッフは無難に作って終わるぐらいの程度だと予想していた。

更にたつき監督の「ケムリグサ」が同クールに放送されるので

ファンやアニヲタはケムリクサに注目して、けもフレ2は「つまらない作品」

程度の空気作品ぐらいのレベルでは無いかと。

だが、けもフレ2は予想外とも言える炎上作品となってしまった。

 

けもフレ2がどれだけ酷いかは様々なサイトで書いてあって

ネットでは色んな陰謀論まで出ている

はっきり言って見てて頭が痛くなるので長々と説明はしないが

ファンが一番激怒したのは「1の全てを否定した続編」だったからだろう

1ではフレンズ達はお互いを認め合い、時には協力したりする優しい世界だった

しかし2ではギスギスした内容になり、サーバルですらディスる始末

メンバー全員が仲が良くてオタクも優しいアイドルが

メンバー同士が蹴落とし合うグループに変貌した感じだ

1で作られた優しい世界が2で全て破壊され

楽園が一気に荒れ地へと変貌をした。

 

更に問題なのは、2の監督の木村氏とテレビ東京アニメプロデューサーの細谷氏が

Twitterのファンのアンチコメに対して反論をした事

特に細谷氏はアンチコメに対して煽るような返信をして

ファンの怒りはこの2人に集中する事になった。

上の人間の不誠実な対応に対し、けもフレファンもアンチも

多くのアニヲタも敵に回して大炎上をする結果となった。

 

アニメの出来が酷すぎてネットで炎上する事は多々あるが

けもフレ2に関してはアニメ氏の歴史に残る大炎上ではないかと思う

平成最後に大炎上をやらかしたものだ。

 

 

木村氏はコメントに対して全て反応をしていたが

クリエイターとして一番やってはいけない事である

ヤマカンこと山本寛氏がファンに対してケンカをしてどうなったかは言うまでもない

クリエイターなら面白い作品を作って納得させろと言いたい。

けもフレは子供に見せたい作品にしたいらしく

早朝に再放送をしたりとテレ東も力を入れていた

更に木村氏によると100話程構想があるのだとか

でも2の内容を見る限り、特定のキャラいじめがあったりと

とても子供に見せたい作品とは言えない。

 

 

 

作品やキャラクターへの愛がない

ファンに対しては言い訳ばかりして、アンチを煽るコメントをする

たつき氏に対する悪口

こんなスタッフが作るアニメが面白くなるわけがない

 

僕はアイカツシリーズが大好きなのだが

アイカツの総合Pが細谷氏であり、最初のアイカツは木村監督が関わっていた

アイカツの場合は最初の1年目のシナリオが完璧だったが

2年目以降から少し雑な展開も増えてきた。全ての原因とまでは言わないが

細谷氏と木村氏の件で、アイカツまでレッテルを貼られないか心配である

 

一方たつき氏は「けもフレから外された」ぐらいの最低限のコメントのみで

前スタッフへの恨み辛みや、ファンに言い訳をしていない

ケムリクサも最初は期待していた人は少なかったし、前半は無難に進んでいた

しかし後半になると前半の伏線回収等、一気に盛り上がって

全12話の感想はずっと見ていて良かった。と思える作品だった

不利な状況から多くの人達を納得させた。

ケムリクサは多くの有名人から絶賛されているし

以前けもフレとコラボCMを流した日清食品はケムリクサとのコラボCMを流した

日清食品は作品よりもクリエイターを選んだわけだ

たつき氏こそが正しいクリエイターだろう。

 

僕がけもフレ2騒動を見て思い出すのが、NGT48騒動

こちらも数多くの問題点が明らかとなって最悪の状況となっている

ネット上ではけもフレ2と同じく犯人探しが続いていて

一部のメンバーが叩かれる結果となっている

大炎上した理由は「運営が自己保身ばかりで、根本的な問題解決をしていない」

本当なら被害者の山口真帆さんやメンバーに対するフォローをするべきなのに

運営はまともな対応を取っていない

その結果、スポンサーが撤退をして公演も休演が続いている

現在のチームを解散して新しくチームを作るらしいが、根本的な解決になっていない

一番問題なのは親会社のAKSであり、報道によれば

「事件の事をぐちぐち言うなら辞めてもらっても構わない」と発言したとか

もう根っこから腐ってるね。

AKSはファンもアイドルの事を金のなる木としか思ってないのだろう

 

真剣にアニメやアイドルと言う作品を作る人達がいる一方で

真摯に向き合わない人達もいる

僕達ファンに出来る事は正しい作品を見極めて応援をする事だろう。

ケムリクサの円盤が売れている事から見極めているヲタクは多い事に安心します。

 

ケムリクサ 1巻[上巻] [Blu-ray]

ケムリクサ 1巻[上巻] [Blu-ray]