オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 

名古屋旅行記 でんぱ組との出会い

4月7日にでんぱ組特典会が名古屋で開催され、僕は名古屋に遠征して参加しました

 

今回の特典会はおやすみポラリスのリリースイベントで

東京と名古屋の2ヶ所で開催されます。

僕は2015年の夏にでんぱ組にハマって以来、何度かライブに参加行きましたが

特典会自体は今回が初めてです。

2016年春に京都で特典会が実施されて、そちらで参加出来るチャンスがありました

が、その時は仕事で行けず。

そこから2年ぶりの特典会となります。

でんぱ組と直に会ったのは、古川未鈴の生誕祭で彼女を握手したぐらいで

ツーショットチェキは今回が初です。

 

今回僕が広島から名古屋へ行く交通手段は、青春18切符

今がシーズンなので18切符を利用して移動します。

広島から名古屋は電車で9時間と長いですが、電車に乗るのが好きなので

意外と苦ではありません。昔は広島から東京まで15時間かけて移動した事もある

4月6日に朝から移動をして夕方に名古屋に到着

名古屋駅近くの巨大書店で本を物色したり、近くのゲーセンで遊んで

ネットカフェに宿泊しました。

 

 

4月7日

朝早くネットカフェを出て、特典会の会場に向かいました。

f:id:aniradi7:20180411015225j:plain

会場となるのは、ナディアパークと言う総合商業施設です。

その中のイベントホールと言う場所で特典会が行われます。

 

8時半から物販開始で、会場ではそれぞれのアイドル別に行列が出来ていました。

僕は当初ベボガから並ぶ予定でしたが

でんぱ組の予約キャンセル分のCD物販があったのでそちらに並びました。

CDは注文して既に特典券は持っていますが、追加で買おうと思ったわけです

1人で並んでいると、近くにいたピンキー推しの集団から

「あなたは誰推しなの?」と聞かれたので僕は「みりん推しです」と答えると

「勿論毎週でんぱch聴いてるよなー?」と陽気に言われました

やっぱりでんぱヲタ達は暖かいです。

 

しかし、でんぱ列は進行が遅くて僕は少し焦っていた。

というのも虹コンベボガはCD注文用紙を出してお金を払うだけなのでスムーズだが

でんぱは直接CDを渡すのでどうしても時間がかかる

何十枚も買うヲタが多いので更に時間がかかる。

CDの在庫が無くなるのでは無いかと心配したが

結果、余裕でCD買えました。

というか在庫も特典券も結構余裕があって、午後から来た人も普通に買えました。

CDキャンセル分と書いてましたが、在庫が結構あったと思います。

次の東京でも在庫がかなりあると思われます。

 

CDを買った僕は続いてベボガ列に並ぶ

ベボガは千円毎に特典券が1枚貰え、1枚が握手、2枚がチェキ、

3枚がチェキサインか私物サイン。更にぺろりんはプラス整理券が必要。

僕が焦っていたのはぺろりんの整理券が無くなる事を危惧してたのですが

何とか入手出来ました。

その後は虹コンブースで予約をして特典券を貰う。

 

丁度10時になって午前のイベント開始

虹コンはまず無料の全員ハイタッチ会が行われるのでそこに並びました。

衣装は心臓にメロディーのMV衣装。

ハイタッチなのでメンバーとは一瞬ですが

11人の女の子と一斉にハイタッチするのでドキドキします。

しかも列の最初が根本さんなので更に緊張が強まる

間近に見た虹コンメンバー達はみんな可愛いです。

特に最後の的場さんの笑顔にやられました。

 

それから7つのレーンに分かれて撮影会開始。

虹コンが4レーンで、ベボガが3レーン

根本さんとぺろりんがソロで、他はベボガが2人ずつで

虹コンは3、3、4人ずつ

アイドルと撮影する場所は壁に囲まれていて外からは見えない

AKBの握手会で見られるようなレーンです。

虹コンベボガはレーン付きの撮影会は初めてだそうで

要は午後からのでんぱ撮影会のレーンを使いまわしているわけです。

 

まず僕はぺろりんブース列に並びましたが、やはりぺろりん列が圧倒的に長い

他のブースは人が少なくて寂しい感じです。

ベボガの特典会はこういう光景は珍しくないそうで、ぺろりん人気の高さが伺えます。

長い列を待ちながら、遂にぺろりんと対面。

ベボガはBBG!の大人っぽい衣装です。

去年の夏以来の対面でしたが、ぺろりんは僕の事を覚えていてくれて嬉しかった

僕は「兼任は大変だけど、でんぱもベボガも両方応援する」とエールを送りました。

それに「ありがとう」と笑顔で答えるぺろりんはほんと可愛い。

 

続いて僕は虹コンの片岡未優がいるブースへ並ぶ。

f:id:aniradi7:20180411030120j:plain

片岡未優は去年の夏から僕が注目している娘です。

彼女は僕と同じ女性声優ヲタなのと、

女の子に興味がある百合好きなキャラに惹かれました。

彼女は虹コンでは一番の後輩ですが、

虹コン以前は名古屋のあいかちゅと言うロコドルで活動していて

アイドル歴で言えば現虹コンメンバーよりも長いです。

 

未優ちゃんとは、女性声優トークで盛り上がり

「広島から来ました」と話すと「広島って名古屋と東京どっちが近いの?」と聞かれ

心の中でずっこける。こういう天然な所も可愛い。

 

11時に僕の用が済んだので、午後からのでんぱ撮影会まで時間があるので

辺りを散策する事にして、大須に向かいました。

大須は初めて来ましたが、名古屋のオタク街と言う感じで

オタクショップやPCショップとかがありましたね。

そして12時半頃にナディアパーク前の公演に戻って昼食を食べる

 

13時からはでんぱ組の撮影会が開始

3部構成となっていて、それぞれの部によって衣装が違います

1部が愛☆まどんな先生のイラスト入りセーラー服

2部が斉木楠雄のPK学園の制服

3部が大阪城ホールで着た宇宙服ステージ衣装

僕は1、3部の参加でみりんちゃんに会います。

会場列は古川未鈴夢眠ねむ列が一番長く、

逆にねもぺろブースは人が少なかった

理由はねもぺろ目当ての人は午前中に会った人が多かったからです。

あっちだと長く話せてサインも貰えるので当然ちゃ当然です。

ねもぺろは実質4部構成になるわけなので

少しでも負担が少ない方がいいのかもしれない

 

列が進む毎に僕の心臓の鼓動が早くなる

一番の憧れのアイドルと会うのだから、何度も会話をシミュレートしても追いつかない

そして、ついに古川未鈴と対面。

ライブや映像で見慣れた笑顔だけど、実物の笑顔はオーラが違う。

僕はラジオや番組は全部見てますと話して終了

話す時間は10秒程で、1分程話せた朝の特典会とはまるで違う

3部では本当に伝えたい事を言うと誓って一旦会場を後にする。

あと、時々えいたその声が聞こえてきて、やっぱりえいたその声は凄いと思った。

 

午後15時

僕はナディアパークの近くにあるPARCO名古屋店に移動

ここで虹コンのリリイベがあるので、会場のイベント広場を探して行くと

何とお店の外でのイベント

周りには沢山の人がいて、広島のタワレコのアイドルイベントに比べると人が多い

そこで心臓にメロディー衣装の虹コンがステージに登場

彼女達によるとナディアパークからそのまま歩いて移動したそうです。

ねもちゃんを除いた10人でライブスタート

しかし小さいステージなので10人では狭くて余りダンスが出来ない状態

途中では赤組と青組に分かれてライブをしました。

面白かったのは心臓にメロディーの赤組と青組Verが聴けた事

最後は恒例のトライアングル・ドリーマー

 

曲の後はスマホの撮影タイムがあって、拡散して欲しいとの事だったので

撮影した写真を公開

f:id:aniradi7:20180421170252j:plain

 

f:id:aniradi7:20180421170418j:plain

 

撮影タイムの後に鶴見さんが中村さんのほっぺをつんつんしてる所が微笑ましかった

 

 

f:id:aniradi7:20180421191232j:plain

18時まで時間があるので名古屋市科学館に行きました。

 

僕は旅行先で地元の博物館に行くのが好きなのです。

訪れると丁度MARVEL展が開催されていて、地下にあるブースで見学

そこには原作のイラストや映画で使われた衣装が展示されていて

MARVEL映画好きの僕は興奮して見ていましたね。

事前情報無しで訪れたので丁度見れて良かったです。

相沢さんはMARVEL好きなので、この後の特典会でお話したかったな

 

f:id:aniradi7:20180421191743j:plain

※唯一の撮影スポットで撮ったアイアンマン

 

18時、再び会場に戻って3部の列に並ぶ

今回もみりねむ列が長くて、20分ぐらい並んで再びみりんちゃんと撮影

僕はみりんちゃんに「でんぱ組を諦めないでくれてありがとう」と感謝をする

それに対して彼女は「皆さんの力があるからですよ」と答えてくれた

この謙遜さが古川未鈴の良さだと思う。

こうして1日の特典会は終了した。

 

 

その後は夕ご飯を食べて。金山駅前にある

秋葉原ディアステージ名古屋店に行きました。

秋葉原ディアステージ」と言う店名なので、名古屋でもこの名前、ややこしい

f:id:aniradi7:20180421220246j:plain

一見カラオケ店ですが、このJOYSOUNDビルの中にディアステがあります

1階が店舗で2階がライブスペース

実は7日が開店日で、オープニングイベントが行われていました

PARCOライブの後に虹コンがディアステの制服を着たイベントも行われた

特別サービスで入場無料でしたが、客が多くて店員によると3時間待ちの状態

店内には開店記念の花輪がいくつか置かれていて、でんぱ組からのもあった

21時からはシンセカイセンのライブがあるので行こうかと思いましたが

特典会とグッズ販売が無いみたいなので辞めました。

なお、シンセカイセンは4月から名古屋店での勤務となります。

現在、名古屋はアイドル界隈が熱い地域らしく

ディアステもそれに注目して出店したと思われます。

 

その後は名古屋駅に移動をして、近くのネットカフェに宿泊しました。

 

名古屋は何十年ぶりかに来ましたが、楽しい街でした

特典会も大満足でしたし、また訪れたいですね。

虹コンの新曲を語る

虹コンの新DVDが発売されました。

 

 

表題曲である「心臓にメロディー」は虹コンの決意を歌った曲です。

MVでは一切笑顔がありません。

この曲を初めて歌ったのが1月7日のワンマンライブ。

この日は初期メンバーの奥村野乃花と陶山恵美里の卒業公演でした。

奥村さんはセンターを務める曲が多く、虹コンの中心と言えるメンバー

彼女が虹コンからいなくなるのは大きな痛手

更に根本凪がでんぱ組と兼任になって、虹コンに出演する事も減る

残されたメンバーで虹コンはどうするのか?

その覚悟を歌にしているのです。

 

 

同じ景色見たはずの僕とキミもいつしか

別々の景色を見たがってしまうんだね

 

この歌詞のように、元メンバーに対して向けられた言葉がいくつかあり

 

 

まっさらなあの頃のように

セカイは綺麗じゃないけれど

虹はまだ架かるって言うんだ

 

この歌詞は僕が好きな「やるっきゃない!2015」の事を表している

やるっきゃない!とカップリングのブランニューハッピーデイズMVでは

メンバーがアイドルを楽しそうにしている姿が見られる。

 

実際2015年前半の虹コンが全盛期だと言うファンも多い。

毎日が文化祭がテーマの虹コンらしさがあった時期だと思う

しかし、初期メンバーが次々と卒業をしていき

その度に残ったメンバーとファンが傷ついていった。

 

その中で一番傷ついてきたのは的場華鈴ではないだろうか。

彼女は2016年春に起きた虹コンの大事件に対して

ブログで虹コンをまもる人になると宣言をした。

それからロングだった髪をショートにして

虹コンライブではMCを努めたりと目立つ存在になっていった。

彼女が頑張って来れたのは虹コンやアイドルへ対しての愛の強さもあるが

相棒とも言える奥村野乃花の存在もあったと思う

虹コン加入当時は中1で最年少だった彼女は同い年の奥村さんと仲良くなり

ちゅーにーずと言うユニットを組むなど名物コンビだった。

一番信頼していたののたが虹コンからいなくなるのは一番ショックだったと思う。

的場さんは自身を笑いの沸点が低いと言っているが

彼女は感受性が強い娘だと思う、楽しい事も悲しい事も普通の人より強く感じてしまう

1月7日に彼女は虹コンの新しいリーダーに任命される

 

曲の途中で的場さんが口パクをするシーンがあり

これがファンの間では何を言っているか話題となったが

「私達は絶対にあきらめない!」と言っています。

(ふわりん放送室で中村さんがあっさり答えを言ってました(笑))

 

虹コンはメジャーデビューをするまでに成長をしたが、失ったものも多い

多くのものを失ってまで来た道は正しかったのだろうか?

いや、戻れない日々の事を考えていても仕方がない

未来に向かって走るしかないのだ。

何よりアイドルがあきらめない限りファンはあきらめてはいけない。

虹コンを続ける事を決意した11人を応援するしかない。

 

 

では、真面目な話はここまでにして、ここからが本題

 

虹コンの代表曲であり、フェスで他のアイドル推しも楽しめるこの曲です。

この曲は元々THE☆有頂天サマーのカップリング曲で

当初はメインにする予定ではありませんでした。

もふくちゃんもこの曲が人気が出るとは思わなかったと言っています。

まあ、百合をテーマにしたアイドルソングが人気が出るとは普通思わないですしね。

お前が一番!や最後の言いたい事があるんだよ!など、ファンが育てた曲と言えます。

後はさんかっけーの部分でメンバーが回ったり

「一瞬で崩れるバランス」のやじろべえのような振り付けなど

細かい工夫を凝らしている所も魅力の一つです。

 

パラドキシカル・コンプレックスで虹コンの百合MVは出ていますが

こちらは三角関係と言う、より妄想を引き立てられる内容となっています。

 

僕的に一番の萌えポイントは片岡未優ちゃんですよ。

予科生の期間が長かった為、MVにはなかなか出演できず

ようやくふたりのシュプールMVで出演をした彼女

今回では三角関係の中心と言う美味しいポジションです。

百合好きの未優ちゃんはこのMVの撮影が非常に楽しみだったそうで

演技にも熱が入っています。

しかも相手が僕が好きな岡田彩芽と蛭田愛梨なので最高ですわ

 

赤組はパラドキシカルでもカップリングだった的場さんと大和さんの2人に

ねもちゃんが入ると言う構成も良い

なお人数の関係上、鶴見さんと中村さんのふわりんコンビが相思相愛に

 

もしこの中にののたがいたなら、ののた、かりん、アーオの三角になっていたのか

そうなるとねもと萌ちゃんのカップリングも成立していたのか

更に陶山さんがいたら、ねも、萌、えみりの3人になっていたのかと

色々妄想が膨らみます。

 

なお、片岡さんと隈本さんはリアルで仲が良いらしく

メンバーからはあの2人はデキてるんじゃない?と言われる程です。

 

 

名古屋のイベントで注文したCDが届いて確認

僕が買ったのは赤組と青組が表紙の橙盤、藍盤と、片岡さんが映る青盤の3枚

表は心臓にメロディー衣装ですが、むしろメインは裏です。

裏はトライアングルドリーマーなのでメンバーがベッタリな写真が素晴らしいです

更に1月7日のライブが分割で収録されているので、全種類買う必要があります。

こんな中途半端な事をするよりも、普通にライブBDを出して欲しいですよ

ののたとえみりの卒業公演なのだから、全編見たいファンも多いだろうし

キングレコードは虹コンライブBDを発売するべきです。

おやすみポラリスさよならパラレルワールド考察

全国のでんぱ組ファン待望の新シングルが本日ついに発売しました。

注文したシングル3枚が発売日当日に届いて、既に何十回もリピートしています。

何度聞いても飽きないのがでんぱソングです。

今のでんぱ組に合わせて新曲は全て宇宙をテーマにしています。

 

 

MVからWWDBESTから約1年3ヶ月ぶり、ほんとに長かった

正確にはCR 銭形平次withでんぱ組.incの映像が最後の6人MVですけどね

(ガッテンダは7人で再録されませんかね)

 

でんぱ組復活の一発目となる、おやポラはでんぱの新境地となる曲です。

MVも石垣島での大掛かりな外ロケなのもでんぱでは珍しいです。

おやポラは不思議な曲と映像でファンによる様々な解釈がありますが

ファンとして僕なりの考察をしたいと思います。

 

 

おやポラの作詞は漫画家の浅野いにお先生で

あした地球がこなごなになっても。の作詞でもある

あしこなは地球滅亡と言う一番の絶望をテーマにした曲

おやポラは最初の歌詞が「星のかけら落ちてきて、人類滅んじゃって」で

あしこな後の世界である事が暗示されています。

人類は滅びたけどでんぱ組は生きているのです

地球滅亡の前にでんぱ組が宇宙船で脱出して

他の星で休憩している映像にも見えるし

「嘘とホントと戯言がまぜこぜになっちゃって、週末の転校生」の歌詞から

時の最果て、パラレルワールドが混ざった世界線

でんぱ組は色々なパラレルワールドがあると言う考え方です。

 

W.W.DⅡのでんぱ組.incZ49が存在する世界線

ちゅるりちゅるりらででんぱ組が時空移動をする世界線

最Ψ最好調!でメンバーが超能力を使える世界線

多数のパラレルワールドが存在している。

そして6人のでんぱ組がずっと活動している世界線

最Ψ最好調!でねむきゅんが世界を一度リセットした可能性もある。

 

 

メンバー達は何も無い世界でこの先どうするのか

夢のつづきの無い世界、当然戻りたいと思う

もしタイムマシンがあって過去に戻る事が出来たら。

「夢の続きよ 戻れ 戻れ」

過去に戻ってやり直すことが出来れば・・

 

でも、タイムマシンなんて無い

今までの活動があってでんぱ組は大人で・す・か・ら

パラレルワールドがあるとしても、生きられるのは一つの世界のみ

だから現実を生きていくしかない

最後の「大きな星空は 欠けても 増えても

私も あなたも 絶対なの」は完全にでんぱ組の事です。

仮に今後メンバーの増減があってもでんぱ組は続く。

 

完全に妄想入ってますが、このような考察です。

 

 

2曲目のギラメタスでんぱスターズはこれぞでんぱ組!と言う新曲

注目点は「行けやしないパラレルワールド って意味ないし」の歌詞

ヒャダインも浅野先生と同じ事を考えています。

Ψ発見伝!はアニソンらしい曲でこちらも素晴らしい。

 

初回限定盤Bには7人Verの最Ψ最好調!とΨですI Like youが収録されていますが

新メンバー以外の5人も歌声が変わっているのでほぼ新曲です。

初回Aにはパシフィコ横浜ライブ音源も入っていて

初回2枚を買えばアルバム並のでんぱ組の音楽を聴けます。

 

特典DVDのおやポラメイキングは7人のでんぱ達の和やかな部分が見れて楽しい

外ロケが決まっていて、暖かい場所がいいと言うことで石垣島ロケにしたそうですが

まさかの悪天候で風が強い中の撮影は大変だったと思います。

ですが曇りのシーンが逆に幻想的な映像になってプラスになりました。

作曲のH ZETT Mさんも合成では無く、風が強い中での演奏がかっこよかった。

 

 

そして僕が好きなカットはこちら

f:id:aniradi7:20180404211219j:plain

ぺろりんのペロリン

 

f:id:aniradi7:20180404211316j:plain

みりウインク

 

f:id:aniradi7:20180404211357j:plain

海月姫みりん

 

どのカットも1瞬なのでキャプ撮るのに苦労しました・・

 

 

新曲が出るまででんぱ組を応援し続けて良かった!そう思えるシングルです。

1ミリでも興味を持った方は買いましょう!

 

そして今回注文して、名古屋の特典会チケットもゲット!

初めて憧れの古川未鈴とツーショが撮れるので楽しみです。

 

ちなみに愛踊祭の課題曲がムーンライト伝説で、

でんぱ組がカバーする事が決まってます。

今年も出演するであろうハロプロつばきファクトリー?)が

カバーするのかと思いましたが、

今のハロプロの娘はセーラームーン世代じゃないので

でんぱの方が適任だったのでしょう、衣装もセーラーだしね

なので次のシングルは夏から秋だと思われます。こちらも非常に楽しみです。

 

4月からの目標

4月になりましたが、ここで皆さんに重大発表があります。

本日を持ってこのブログを終了致します。

 

はい、エイプリルフールの嘘です。ごめんなさい。

 

 

ここからは本当のお話。

今日はこのブログの今後について語ります。

 

去年の8月から始めたこの「オタクじゃないもん!」

正直な話、今の内容には満足していません。

その理由は、更新頻度が少ないことです。

当初は最低でも3日に1度は更新の予定でしたが

10日くらい更新が無かったりと、よろしく無かったです。

 

更新が少ない理由としては、自分の書くペースが遅い事です。

色々丁寧に書こうとして時間がかかってしまう。

更に仕事が忙しい事もあって、平日に書けない事も多く

1週間ぐらいかかる事もざらにある。

 

実際、書くのが遅すぎて没にした日記も沢山あります。

特にライブレポは数日で書かないといけないのに

1週間以上経ってしまうと手遅れです。

 

去年は11月に東京遠征をしまして、スフィアライブや

他のアイドルライブに行った事を書く予定でした。

でもこちらも書くのが遅くて結局没にしたという勿体無い事をしました。

 

3月は忙しいのもあって、書きたい事は沢山あるのにまとめきれてない。

TIF全国選抜の感想も書けていない始末。これは今週中に公開します。

 

 

改めてこのブログのテーマを発表しますと

自分の大好きな女性声優やアイドルを楽しく伝える事です。

当初は見たアニメの感想も書く予定でしたが

最近は視聴アニメが減った事もあって、書く事も少ない

実際、最近だと毎週見たのはポプテピピックゆるキャンぐらいです。

今はアイドルの比率が高くなっていて、

アイドルのMVやライブ中継やSHOWROOMを見る時間が多いです。

なので当面はアイドル系の感想をメインにします。

 

僕が特に好きなのは、でんぱ組とバンドじゃないもん!ですが

今までこの2組の記事が少なかったと反省しています。

でんぱ組に至っては、最上もがの記事の方が多いというね

なのででんぱ、バンもんの記事を増やします。

他の好きなアイドルに関しても同様です。

 

 

4月以降の予定としては

4月7日 名古屋にでんぱ組、虹コン、ベボガのリリイベに行く

4月8日 京都に行く

5月2日 でんぱ組広島公演

5月4日 バンもん大阪公演

5月19日 虹コン、ベボガ大阪公演

 

9月 まねきケチャ武道館

今年中にナナランドと純粋カフェ・ラッテのライブに行く(夏予定)

 

現状決めているのはこちら。今後増えると思いますが

勿論、名古屋と京都の旅行日記を書きますし

週末までにいくつか日記を更新します。

 

なにぶん半端なオタクではありますが、今後共よろしくお願いします。

最上もがの脱退の真相と今後の展望

 

いやー、このMVのもがちゃんが色っぽくて良いですね。

眼帯をした綾波レイっぽさもあります(髪の色違うけど)

コンセプトは男子学生を惑わせる保健教師と言う事で

この先生がいたら、毎日保健室に生徒が殺到しますよ。

 

ソロとして多方面で活躍をされているもがちゃん。

でんぱ組の電撃脱退から7ヶ月、脱退の真相が彼女から明かされました。

「親に止められ…」最上もが、でんぱ組.incからの脱退を決めた理由を告白 - ライブドアニュース

 

 グループ脱退を決めた1番の理由について最上は「親に止められたんです。そんな状態でやってるならもう辞めてほしいって言われて」と告白。当時はメンタルのバランスが崩れ、たくさんの人にも迷惑をかけてしまっていたそうで、「毎日泣きながら(親に)電話したりとか、体調を崩して動けなくなることもしょっちゅうありましたし。食欲もなく何のやる気も起きない。親がご飯を作りに来てくれても、ずっと寝たきり。そんなことが続いて、見ていて痛々しいっていうのがあったんだと思います。眠るために睡眠導入剤が必要だったんですけど、そうすると精神的にもどんどん不安定になってしまって」と、当時の状況を赤裸々に明かした。

(※上記記事より引用)

 

2017年にでんぱ組はリノベーションとして音楽活動を休止しましたが

その理由の一つが最上もがの体調問題

以前から体調が悪くて休みが欲しいと発信していたので

でんぱ組を再構築する期間に休息を入れたのでしょう。

ただ、武道館では6人でステージに戻るとメンバー全員が宣言をしたし、

武道館後のもがマガでも、僕は脱退しません!と宣言しています。

彼女は元気になって復帰する予定でした。

 

推測ですが、脱退を決めるきっかけになったのが2017年5月の

夢みるディアステージでしょう。

これはディアステとサンリオピューロランドがコラボをしたイベントで

ディアステ所属タレント総出で参加しました。

当時のでんぱ組も全員参加の予定で、武道館以来の6人のでんぱ組を期待されていた

ところが直前になって、もがちゃんが体調不良で欠席が決まり

でんぱ組は5人で出演、もがちゃんのパートを含めて彩音さんが2人分踊りました。

 

これがネットでもがちゃんに対して炎上をしてズル休みなどと叩かれる事態に

理由が不明なでんぱ組の活動休止にファンのストレスが溜まっていて

この件で一気に怒りが爆発しました。最悪のタイミングと言う奴です

この炎上が更にもがちゃんの精神を悪化させる事態になったと思われます。

 

以前にも書きましたが、運営は12月のライブを

最上もがの卒業&新メンバーお披露目の予定だったと思います。

しかし、親が止めるくらいなので、もうライブが出来る状態ではなかった

脱退を発表してから1ヶ月後は本人からの発信が無く

その間は実家で療養していたと発言しています。

もがマガも運営から番組出演を止められたらしく

脱退後の生放送は1度だけで、その後は過去の再放送で繋いで9月で打ち切り

その間にかなり深刻な状況だったようです。

 

10月以降はバラエティやドラマ出演、写真集、MV出演、もが単と

ソロとして順風満帆に進んでいる。と言いたいところですが

僕から見ればよろしくない状況だと思っています。

 

 

僕がそう思うのは今のもがちゃんはネガティブ要素が強すぎる点です。

今までのバラエティ出演も「恋愛に興味が無い」「朝までネトゲなどと

暗い話題ばかりがネットニュースになるし

一番の問題は今だに脱退ネタを引っ張っている事ですよ。

確かに当時もがちゃんの脱退は不可解な点が多くて、

多くのマスコミが気になっていたのは分かる

でももう7ヶ月も経っているんですよ?

でんぱ組は新メンバーを入れて再始動したのだから

もがちゃんも脱退から離れて未来に進んで欲しいのですよ。

いつまでも脱退ネタでTV出演してるようじゃ意味がありません

ネットゲーム廃人やオタクキャラとか、元でんぱ組を利用しているフシもあります

それこそ結婚ネタを引っ張ってTV出演する元NMB48の須藤凛々花みたいなもんですよ

 

更にツイッターやインスタでのネガティブワードも問題です

特に酷いのは「でんぱ組に未練がある」「僕が無かった事にされてる」など

不本意ででんぱ組を辞めて辛かった事は十分に理解しています。

でも辞める事を決めたのはもがちゃん自身ですよね

アンチの意見にて「他人のせいばかりにする」と言うのがありますが

これはある程度当てはまっている気がします。

今回の記事も、親に言われてから辞めたので僕は悪くない、と言うようにも見えます

もちろんもがちゃんがそんな無責任な人では無いと思いますが

他にも「マネージャーが辞めた」「Live.meの視聴者が少ない」

言わなくていいような事も言っちゃうし

もがみーてぃんぐは先日最終回でしたが、結局見れませんでした。

理由はでんぱch.の生放送と被っていたからです。

以前もでんぱの神神ニコ生と被った事があったし、

勿論故意では無いでしょうが、ファンにとってはイメージが悪いでしょう。

現在最上もがの運営先が不明ですが(多分ディアステではない)

でんぱのイベントと被らせるのは良い方向では無いような・・確かに関係は無いけど

 

ネガティブな事ばかり言う人間は他人から信用されません。

政治でも今の野党は安倍政権をおろせ!だの

ネガティブな方向性で政権を取ろうとしている

だから国民からの支持を得られないのです。

僕自身はネガティブな人間ですけど、自分を変えたいと思ってブログを書いているし

自分の好きな事をポジティブに書くことを心かげています。

(今回はあえて厳しい内容で書いています)

殆どのアイドルは人々を元気にするために、本人がネガティブでも

ポジティブに振る舞っています、だからアイドルは尊いのです。

僕が特に好きなアイドルはポジディブで僕の暗い心を照らしてくれるアイドル

でんぱ組やバンドじゃないもん!は僕の心と合致するのです。

(だから、僕は嫌だ!と言う某グループは好きじゃありません)

 

でんぱ組の「W.W.D」は暗い曲に見えるけど

こんな私達がポジティブに頑張って、

沢山の人達を幸せにするぞ!と言う決意を歌った曲です。

古川未鈴は「落ち込んだ時にそれを表に出してしまうアイドルが嫌い」と発言していて

みりんちゃん自身はポンコツだし、暗い過去もあるけど

アイドルとしては最大限に明るく振る舞っている

僕がみりんちゃんに惹かれる理由がそれです。

 

話をもがちゃんに戻すと、でんぱ組時代にもネガティブ発言はあったけど

今はそれが酷くなった感じがします。

でんぱ組の時は他メンバーやスタッフにファンがフォローをしたけど

今はそういうわけにはいかない

 

大きな問題はにネガティブ発言がでんぱ組にも飛び火する事。

実際今回の記事で「でんぱ組が追い出した」「イジメで辞めた」とか

ネットで煽る輩がいる

それを大勢の人や一部のファンが信じてしまう。

でんぱ組で不仲説が出た時も、一部のファンが

最上もがと他メンバーのファンの対立を煽っていた。

一番厄介なのはもが推しは彼女を女神のように神格化する人がいて

でんぱ組はどうでもいいが最上もがは好きと言う層がいる事

こうしたファン同士の対立がもがちゃんやメンバーを困らせていたと思う

今も、一部のもが推しやでんぱ組推しが相手を快く思っていない

例えば「辛い時もあったけど、それでも僕にとってはでんぱ組は大切な思い出です」

「でんぱ組は僕を変えてくれた、メンバーの事は今でも好きです」

と言ってくれれば、でんぱ組のファンにとっても救いになると思うし

建前でもいいのでこういう発言は必要ですよ。

それでも叩く輩はいると思うが・・

 

他にも根本さんやぺろりんを否定するでんぱファンもいるし

根本さんを裏切者と叩く虹コンファンもいる

最近根本さんが虹コンのイベント出席率が減っているのは

でんぱ組のせいだ!と叩く人もいる

ぺろりんも過去の盗作騒動で今だに叩く人もいる。

 

実際でんぱ組加入を断る事も出来たし

兼任を選んだのは根本凪の意志です。

虹コンメンバーも応援しています。

それを否定する事は、根本さんの意志や可能性を否定する事になります

本当のファンなら両グループで活躍するメンバーを応援してほしい

逆にでんぱ組のファンの中で虹コンやベボガ!に興味を持った人もいますからね

 

勿論、もがちゃんが今も応援してくれるファンを大切に思っているのは分かっている

上の記事には当初は芸能界引退を考えた事もあったが

応援してくれるファンがいるからソロ活動を決めたとあります

不器用だけどファンの事を考えて発言をしているとは思う。

ただ、もがちゃんは真面目過ぎる性格故に良い意見も悪い意見も真に受け取ってしまう

それが精神を病んでしまった原因でもある。

だから僕からのアドバイスとしては、もっと自由に生きて欲しい。

彼女はもうアイドルではないし、紫でも金色の異端児でもないのだ。

だから自分が思うように活動してもいいと思う。

 

 

 

このツイートは彼女が自由に生きる事の一歩目だと思ってます。

脱退理由も全て話したし、過去を振り替えず未来に進むだけです。

まねきケチャ、広島公演とリリイベ感想

まねきケチャカーニバル広島公演に行ってきました。

9月の武道館に向けた全国ツアーで、広島公演は今回で2回目です。

前回は去年の12月に初の広島公演が行われ、僕も参加しました。

まねきはネット中継で何度もライブは見ていましたが

現場は初めてだったので緊張して行ったのを覚えています。

まねきヲタって怖い人が多いんじゃないかと怯えながらの参加

(僕は小心者なので、アイドル現場は何度行っても緊張する)

実際初期のまねき現場は荒れ現場として有名でしたが、

すぐにリフト等を禁止等軌道修正して、女の子でも行きやすい現場に

実際行ってみて楽しい現場でした。

 

ちなみにこの日は神宿の広島リリイベもあって

神宿リリイベに参加してからまねきライブに行くと言う強行軍でした。

あとはBABYMETALの広島凱旋公演があり

まねきライブ後に広島市の中心部には

黒いTシャツを着たベビメタファンを沢山見かけました。

そんな色んな想い出があった12月から約3ヶ月、

再びまねきケチャが広島に降臨したのです。

 

会場は前回と同じ、BLUELIVE広島と言うライブハウス。

ここは広島市内で一番規模の大きいライブハウスらしく

3年ほど前に出来たので、会場が広くてきれいです。

海の隣にあるので会場から見る海がとてもきれいでロケーションも良い。

まねき以外のアイドルではSTU48やチームしゃちほこが使用しました

初の広島公演でこの会場ですから、まねきの勢いを感じます。

唯一の難点は市の中心から離れている所です。

広島駅からもかなり離れているので遠征組も行くのが大変ですね。

 

先日の日記にも書いた通り、藤川千愛が体調不良でツアーの途中で不参加。

今回は4人での公演です。

前回のライブでは最初に古谷完の挨拶と注意事項説明がありましたが

今回はありませんでした。

 

前回のライブと大きく違う点は2つ

1つ目は前からSS、J、Aとエリアが分かれている所

SSはプレミアム、Jは女性限定、Aは一般です。僕はAで参加

一般は2500円なのでかなり安いです。もっと取ってもいいレベル

女性は皆Jエリアなので、ライブ中は周りに女子がいなくて少し寂しかったかも。

特典会でようやく女子の多さを感じました。

2つ目はスクリーンが用意されて、映像演出がある点。

ライブ中は歌詞が表示されて、かけ声を入れる部分は

大きく文字が表示されるので初心者も分かりやすい。

 

肝心のライブの内容、リードボーカルの千愛ちゃんがいないのは心配でしたが

その不安が吹っ飛ぶライブでした。

まずは去年加入した深瀬美桜が成長した点。

前回の広島は美桜ちゃんの初公演でした。

彼女が参加したのは5曲で、途中は4人での公演だった。

なので今回美桜ちゃんがフルで参加して、まねきのメンバーとして馴染みました。

美桜ちゃんは歌唱力が高くてスペックが高い。今後の成長が楽しみです。

 

今回僕が注目した曲は「鏡の中から」

この曲は4月からのゲゲゲの鬼太郎EDに抜擢された曲

アニメタイアップは凄い事ですが、

でもただのタイアップなんだろうなと少し高をくくってました

実際、ドラゴンボール超のEDはただのタイアップばかりだったし

妖怪ウォッチみたいなアイドル曲になるのかなーと思ってた。

ところが曲を聞いた瞬間にゾクッとしました。

おどろおどろしい音楽にオエオエオーと言う、子供にも分かりやすい歌詞

ちゃんと鬼太郎のイメージに合わせた曲になっています。

ただのタイアップとは言わせない。その意気込みを感じました。

 

僕は鬼太郎は80年代の3期世代で、3期のEDは当時かなり怖かった。

不気味な妖怪の絵に、曲の最後に妖怪が驚かせる演出とか今でもゾッとする程

この曲を聞いてそんな過去を思い出す程、鬼太郎らしい曲だと思いました。

EDで怖い映像と共にオエオエオーと流れたら、

子供は一生心に残るEDになると思いますが、流石に今の御時世では厳しいか。

 

鬼太郎のイメージに合わせてか、新衣装は和と妖怪をモチーフにしたもので

玲緒菜=猫娘

凛=新選組

美桜=座敷童子

美優=天狗 

新選組は妖怪じゃないけど、可愛かったから許します。

 

歌唱力についてですが、まねきはメンバーが皆歌唱力は高いので

4人でも結構まとまっている感じ、中でも松下玲緒菜の声が目立っていたと思う

千愛ちゃんがいない事で各メンバーの歌唱力がはっきり分かった

 

それでも彼女がいないとやはり物足りないのも事実

きみわずらいや妄想桜等の冒頭ソロパートは全員で歌っていたが

やはり千愛ちゃんあっての歌だと思う。

最後は恒例のアンコール後に1曲歌ってあっさり終わったのでえっ?って感じでした

元からそうなのか急遽変えたのかが分かりませんが・・

 

その後の特典会では推しの美優ちゃんとお話してきました。

僕が中川美優を推しているのは、お人形のような顔が可愛くて

あまり表情を変えないのでやる気が無いように見えて、内なる情熱が高い所

彼女は闇属性で有ることから、根暗で天然でドジっ娘でもある

そんな彼女が必死でアイドルとして輝く姿を応援したいからです。

僕がでんぱ組を一番推している理由もそれです。自分と共感する部分がある

バンもんの七星ぐみや妄キャリの天宮伊織など

一見気だるそうに見えて、内面は情熱的の娘が好みなのかもしれない。

僕が久しぶりーと挨拶すると、美優ちゃんも僕の事を覚えていましたが

美優「確か、1年ぶりだっけ?」

僕「いやいや、前に来たの3ヶ月前だよ」

この天然っぷりが美優ちゃんらしいです(笑)

 

松下玲緒菜も普段の可愛い声とかっこいい歌声との違い

最近は色っぽくなってきて、彼女も僕好みです。

特典会は神対応との事なので次はれおにゃとお話したい。れおふぁいにゃー

 

感想としては、千愛ちゃんが抜けた穴は大きいが

それでも4人で頑張って楽しませようと頑張っている感じが良かった。

特に美優ちゃんはツイッターやライブで自分で告知をしたりと

リーダーらしい所を見せていた、当分は4人で大変だろうけど

ここで4人が覚醒をして、5人に戻った時は更にパワーアップすると思う。

 

 

その翌日、広島駅前の地下広場でリリイベがあるので現場に行きました。

実は金曜日にもタワレコでもリリイベがあったのだが仕事で行けず。

会場にはファンが集っていましたが、

以前同じ場所で行われたバンもんのリリイベよりは少なかったです。

立ち止まる一般人も少なくて、広島での知名度はまだまだですね。

千愛ちゃんの歌があれば注目する人は増えたかもしれませんが。

 

約30分のライブはきみわずらいから始まり、新曲を含めたせとりで

広島での最後の曲は冗談じゃないね。で締める。

本ライブで冗談じゃないね。をラストにしなかったのはこの為だったか。

 

その後の特典会についてですが

ツーショだけの特典会と違って、リリイベはルールが大きく違っていました。

アルバムとシングルを注文して1枚毎に特典券が貰えるシステム

2ショをしようと思ったら、特典券4枚とあったので流石にこれは高い

一方アルバムを注文すると、全員と撮れるワイドチェキが出来るとの事で

アルバムも欲しいので注文してワイドチェキにしました。

ワイドチェキは自分と推しメンが椅子に座って、他のメンバーが後ろに立つ

特典会と違って会話は一瞬だけですが、それでも3000円で全員チェキはお得です。

実際ワイドチェキで並ぶ人が多かったですね。

 

そして会場限定レギュレーションとして、特典券8枚で

メンバーと一緒に買い物デートが出来る特典がありました。

地下広場がデパートと隣接しているならではの特典ですが

まねきはメジャーアイドルなのにそこまでやらせるのか?という感じです。

CD売上を稼ぐ為にいつまでも地下ドル的な売り方を続けたら良くないと思います。

 

しかも特典会の途中で玲緒菜ちゃんが体調不良で先に退場しました。

ここ数日で色々無理をしすぎたのでしょう

翌日の渋谷のリリイベは参加したみたいなので大したことが無くて良かったです。

  

藤咲真有香が抜けて、しばらく4人で活動していた時もそうでしたが

4人だとバランスが悪い感じです。

前回の日記に書いた通りにツアーのファイナルで

千愛ちゃんが感動的な復帰をして欲しいです。

 

まねきケチャの件について

まねきケチャ藤川千愛が活動休止を発表した件について。

 

公式では心身共に不安定で声が出難い状況になっていて

しばらく活動休止をすると発表。復帰時期は未定

 

しかしネットでは文春砲の影響では無いかと言われています。

ニコ生の週刊文春の番組によると、

藤川千愛と古谷完が夜のファミレスで食事をしている所を撮影されて

食事後は藤川さんが古谷氏の車に乗って自宅に行ったと言うスクープ

 

文春の取材に対して、古谷完は

藤川と一緒に食事をしたり、自宅に入れた事は数回ある

自宅に入れたのは2人で打ち合わせをするためで男女の関係では無い

他のメンバーも自宅に入れた事がある

朝までいた事はない。とコメント

 

 

まずPとアイドルが2人で食事をするのはまあアリでしょう。

例えば秋元康指原莉乃とかAKBのメンバーと食事をしているのは有名ですし

でも、アイドルを自宅に入れるのは流石にアカン。

まねきだけにアイドルを自宅に招き入れるのは洒落になってません。

実際、本当に打ち合わせをしていたとしても

夜に男の自宅へ女性が入るのはそういう関係だと思われても仕方がない

古谷氏はそのリスクを考えていなかったのでしょうか?

 

まあ、社員旅行でまねきdropのメンバーと一緒にハワイ旅行に行くぐらいなので

古谷氏とアイドルとの距離が近いのかもしれません。

アイドルも古谷氏を安心しているから自宅にも入れるかもしれない

 

 

問題は古谷氏と藤川さんに男女の関係はあるのか?と言う点

まず文春が出した写真だけでは証拠としては弱い

自宅に入った写真も出てません

最も、文春は他にも写真を持っているとの事なので

仮にキスしてる写真が出れば一発でクロですが

 

実は以前から藤川さんの彼氏が古谷氏でないかと噂が広まっていて

2人が渋谷の街を歩いていたと言う話もあります。

文春は噂の真相を確かめる為にスクープをしたと

特に藤川さんは金髪なので結構目立ちます。

古谷氏もその噂を知っているし、まねきは今注目アイドルなので

2人でファミレスとか目立つ行動は控えて欲しかった。

 

でも、まねきクラスのアイドルを文春がわざわざ狙うのも疑問です。

武道館や鬼太郎タイアップとか知名度が上がっているので狙い目ではあるけど

それでもまねきはドルヲタが知ってるレベルのアイドルだし

女性声優の熱愛ネタに比べれば弱い

実際、Pとアイドルの熱愛はまとめサイトの格好のネタなのに

取り上げてるまとめサイトは皆無です。

アイドルがライブでカブトムシを食べて事務所をクビになった事件

よりも盛り上がってません

今回の文春砲も活動休止のニュースが出るまでは

僕を含めて知らない人が多かったと思います。

逆に考えれば、普通に活動を続けていれば何事も無く終わってたかもしれません。

でも特典会で悪口を言われたり、最悪凶行に及ぶヲタが出てくる可能性を

考慮すると仕方ないのかな・・

 

更に活動休止のタイミングも不自然です。

18日の深瀬美桜の生誕ライブには元気に出演していたみたいだし

更に12日に22日に岡山で開催予定だったリリイベが突然中止の発表が出た

岡山は藤川さんの出身地で、藤川さんが休むのを想定して中止にした感じもします。

勿論、ショックで本当に声が出難い状況になっている事も考えられます。

 

僕個人の意見では決定的な証拠が出ていない以上シロだと思ってます。

しかし、状況証拠を考えると疑わしい部分があるのも事実

一番の問題は古谷完がファンから信用されてない部分が多い点です。

詳しくは知りませんがツインテール協会時代から色々やらかしてると言う話だし

フォースミュージックに騙された事とか、この人大事な所でポカやらかすんだよなー

何より古谷氏が特定のメンバーに肩入れしている事が一番ファンの怒りを買っていて

まねきはdropに比べて贔屓されているのも分かります。

 

滝口ひかり三嵜みさと木乃伊みさと)がdropを辞めてゑんらを立ち上げたのも

こうした古谷氏を見限ったのかもしれません。

滝口さんはツイッターで「信じられるのは自分たちだけ」と書いたり

セルフプロデュースを強調してるのも、古谷氏への反抗ともとれます

 

そう考えると、きみわずらいの歌詞は古谷氏が藤川さんに向けた曲とも取れます。

4月リリースの「あたしの残りぜんぶあげる」は

逆に藤川さんの想いを歌った曲にも取れる

それを自分のアイドルに歌わせるのはなんてやらしい

古谷氏の屈折した想いが歌詞になったから名曲になったとも言えますが

こうして考えてみると辻褄が合う部分が多いですね。勿論これは憶測ですが

 

 

では今後古谷氏とまねきケチャはどうするべきか?

一番の問題は藤川さんがいつ復帰するか?です。

流石に9月の武道館には出演するでしょうが、9月まで休むのは考えにくい

6月にはまねきメインのアイドル歌番組(仮)の収録もあるので、

こちらも出演するでしょう。

まねきは現在全国ツアーを実施中ですが、復帰のタイミングとしては

5月19日の東京最終公演ですかね。

ここで「皆さんにご迷惑をおかけしました」と彼女が泣きながらコメントをして

ファンが「おかえりー!」と歓迎したらいい演出になるし

音楽ナタリーが記事にしてくれます。

でも2ヶ月も休業は長すぎると思うので、アルバムやシングル発売のタイミングで

復帰しそうな感じもします。

大切なのはファンが藤川さんが復帰しやすい空気にする事です。

当分はネットで煽る奴が出てきますが、戯言は無視して藤川さんを信じて待って欲しい

 

そして古谷氏ですが、ファンに対してちゃんと謝罪と釈明をするべきです。

3月21日の名古屋公演では藤川さんの件に特に触れられる事も無く

4人でライブを進行したようで、古谷氏のコメントは無し。

もしシロなら「彼女とはそういう関係ではありません」と説明出来ると思いますが

文春の次の攻撃を恐れているのか、スポンサーとの兼ね合いもあって言えないのか

黙っていれば風化するのを待っているのかもしれませんが・・

 

活動休止発表のツイッターには

藤川さんを心配する声や復帰を待つファンからのリプが沢山届いています

多くのファンは藤川さんの復帰と、元のまねきケチャに戻るのを望んでいるのです。

古谷氏はこのファンの声に真摯に答えるべきです。

くれぐれも藤川さん脱退や、まねき解散などの最悪の事態は起こらないで欲しい。

 

 

24日の広島公演と25日のリリイベは正直行くのを辞めようかとも考えましたが

やっぱり行くことにします、こういう時こそ応援するのがファンなので。