オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 

でんぱ組.inc コスモツアー広島公演 感想

5月2日 でんぱ組コスモツアーの広島公演に行きました。

 

2日の朝は日テレのスッキリ!にバンもんが生出演するので視聴。

 

f:id:aniradi7:20180503093415j:plain

新曲のBORN TO BE IDOLは80年代アイドル風の曲で、MVも80年代を再現しています

 

f:id:aniradi7:20180503093455j:plain

6人で星の形を作るこの振り付けは秀逸だと思う。

 

f:id:aniradi7:20180503093753j:plain

今日もぐみてゃん可愛ええ

 

f:id:aniradi7:20180503094027j:plain

f:id:aniradi7:20180503094114j:plain

アザラシと一緒にアピールするも、加藤浩次にはたかれてしまう様子。

 

SNSのトレンド1位を取ったりと、バンもんの勢いは止まらない

4日の大阪公演が楽しみです。

 

昼は溜まったアニメを見て、ちゃんもものラジオを聞いたりして18時に家を出る。

 

 

今回の会場は広島JMSアステールプラザの大ホールで、キャパは1200

前回広島公演は2016年2月だったので、約2年3ヶ月ぶりの公演です。

自宅から結構近い場所があるので自転車で移動

しかし2日は雨が降っていたので、濡れながらの移動です。

 

会場についてから物販コーナーで新ペンライトを購入

これで以前買ったペンライトと一緒に二刀流ができます。

席は二階の右側で少し見づらい部分がありましたが

上からステージがしっかり見えて近いので、演者の表情がよく見えました。

 

2016年のツアーは日本昔話がテーマで、各会場では地元の昔話を

メンバー個人が紙芝居で紹介するコーナーがあって

広島公演はもがちゃんが担当でした。

他にも2014年2月の初広島公演では誕生日が近いもがちゃんを祝福したりと

もが推しにとっては広島公演は思い入れのある地だったと思います。

思い出に少し感傷に浸りながらライブを待ちます。

 

 

期待に胸を膨らませて19時にライブ開始

ちなみに他の会場は16時会場で17時開演なのですが、何故か広島だけ時間が遅い

会場の都合なのでしょうか?

 

最初は英語のナレーション(結構長い)

そして映像でのメンバー紹介後にギラメタスでんぱスターズでライブスタート

再び広島にてでんぱ組のライブが見られる!既に興奮状態でした。

 

数曲のライブの後はメンバー自己紹介

メンバーに合わせてペンライトの色を変えていきます

前回はたまご色が無くてもどかしい思いをしましたが、

今回はちゃんとたまご色でアピールできました。

 

今回のコンセプトは惑星探査。

こなごなになった地球の欠片を探すために惑星探査をするという、結構ハードな内容で

回る惑星は日本の街によく似た惑星です。今回の会場は惑星マシロー・匕との事

途中のMCで今回は惑星の名前の感じが変わった。とりさちーが謎の勘違いをして

#りさちーしっかり案件で会場が沸きました。

 

ライブは古川未鈴を中心にねもぺろのダンスに注目していました。

今回のツアーでねもぺろはフル出演で初めて参加する曲も多いのと

大阪城ではねもぺろ出演の衝撃で半分頭が真っ白で

十分に楽しむことができなかったので、しっかり二人の動きを見ていました。

二人共でんぱのダンスに対応できていて

虹コンやベボガのダンスも覚えないといけない中でよく覚えられたと思います。

歌はねもちゃんはハスキーでパワフルな歌声

ぺろりんはもがちゃんに似て色気のある歌声がでんぱに新たな魅力を引き出している。

 

 

注目ポイントは愛踊祭の課題曲のムーンライト伝説

セーラームーンの主題歌で、僕はこの曲をどうでんぱに合わせるのかと思いましたが

曲を聞いてびっくり、ロック調で激しい曲にアレンジされてました。

途中で電子音も入って、前山田さんの大胆なアレンジが流石です。

振り付けは月のマークが入った丸いプレートがあって

それにメンバーが一人ずつ乗ってクルクル回る演出も面白かった。

本家セーラームーンでも高速回転する必殺技があったので

それの再現が出来そうでした(目が回りそうだけど)

というか、なんてったってシャングリラでみりピンが高速回転してるから

十分再現してると言える。

このアレンジに愛踊祭の参加アイドルがどう振り付けするかが見所ですね。

 

MCとしては途中でねもぺろの教えて先輩!と言うコーナーがあり

これは先輩5人がねもぺろの質問に答える形式で

各会場ごとに答えるメンバーが違うみたいです。

広島ではえいたその番でした。

 

質問は「ばびゅ!」とはどういう意味か?

水を飲む時にお尻をふるのは?というもの

ばびゅはえいたその景気づけに言う口癖で

お尻は水を飲んでいる間にファンを楽しませると言うサービス精神によるもの

えいたそは2人に何かキメ台詞があればいいよと、2人に考案した台詞を言わせて

照れながらも台詞を言う2人が可愛い

後はお尻と発言して地雷を踏んで、顔を真赤に照れるみりんちゃんが可愛いかった

 

2年ぶりのツアーなのでMCは最初緊張して真面目にしていたそうですが

4ヶ所目になるとメンバーもほぐれてきて、トークも砕けたノリになったそうです

こういう楽しいノリがでんぱ組の良さの一つ。

 

恒例のアンコールに入ると、シュールなアニメが挿入

JAXAから提供された資料写真を使ってのロケットの解説が流れました。

ロケットとの比較でディアステージ6個分という説明が面白かった。

 

最後はでんでんぱっしょんで盛り上がってライブは終了。

EDはバルーンで成層圏まで打ち上げたお寿司の映像が流れ

地面に着地した時の「いつも応援してくれるファンの皆様へ」

と言うテロップでうるっときました。

2時間とは思えない濃い内容のライブで、何度も泣くほど感動しました。

 

終わった時間が21時10分だったので、急いでホールから出て建物のロビーへ向かい

スマホででんぱchを聴きました。さっき眼の前でライブしていた2人の

ラジオを聞くのは不思議な気分です。

 

感想としてはやっぱりでんぱのライブは最高!これにつきます。

何より地元で再びライブが見れたことに感動しました。

パフォーマンスもブランクがあったとは思えない程向上していて

フル出演をした、ねもぺろの2人は立派にでんぱ組のメンバーになっていましたし

大阪城の時も感じましたがピンキーの表現力が向上しています。

これはピンキーがGEARと言う、台詞の無い舞台に出演した影響が強いですね。

2013年のZeppツアーでピンキーは「自分をどう表現したらいいか分からない」

朗読をしていて、彼女が自分を表現出来ている事に大人になったと感じました。

 

正直1回のライブでは物足りないのでもっと見たいと言う気持ちです。

本当は翌日の大阪公演も行く予定でしたが、チケットが取れずに断念

後の公演も場所的に行くのが難しい。

 

そんな僕に対して朗報が、夏に対バンツアーが決まりました。

行こうと考えているのは大阪と福岡です。

大阪は東京スカパラダイスオーケストラなので、生演奏が聞けるのも楽しみです。

スカパラがでんぱ曲を生演奏をされたら胸熱ですね。

他の会場も順次公開されますが、個人的にはバンもんと対バンしてほしいです。

そこが決まればなんとしても行きます。