オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 

虹コンの新曲を語る

虹コンの新DVDが発売されました。

 

 

表題曲である「心臓にメロディー」は虹コンの決意を歌った曲です。

MVでは一切笑顔がありません。

この曲を初めて歌ったのが1月7日のワンマンライブ。

この日は初期メンバーの奥村野乃花と陶山恵美里の卒業公演でした。

奥村さんはセンターを務める曲が多く、虹コンの中心と言えるメンバー

彼女が虹コンからいなくなるのは大きな痛手

更に根本凪がでんぱ組と兼任になって、虹コンに出演する事も減る

残されたメンバーで虹コンはどうするのか?

その覚悟を歌にしているのです。

 

 

同じ景色見たはずの僕とキミもいつしか

別々の景色を見たがってしまうんだね

 

この歌詞のように、元メンバーに対して向けられた言葉がいくつかあり

 

 

まっさらなあの頃のように

セカイは綺麗じゃないけれど

虹はまだ架かるって言うんだ

 

この歌詞は僕が好きな「やるっきゃない!2015」の事を表している

やるっきゃない!とカップリングのブランニューハッピーデイズMVでは

メンバーがアイドルを楽しそうにしている姿が見られる。

 

実際2015年前半の虹コンが全盛期だと言うファンも多い。

毎日が文化祭がテーマの虹コンらしさがあった時期だと思う

しかし、初期メンバーが次々と卒業をしていき

その度に残ったメンバーとファンが傷ついていった。

 

その中で一番傷ついてきたのは的場華鈴ではないだろうか。

彼女は2016年春に起きた虹コンの大事件に対して

ブログで虹コンをまもる人になると宣言をした。

それからロングだった髪をショートにして

虹コンライブではMCを努めたりと目立つ存在になっていった。

彼女が頑張って来れたのは虹コンやアイドルへ対しての愛の強さもあるが

相棒とも言える奥村野乃花の存在もあったと思う

虹コン加入当時は中1で最年少だった彼女は同い年の奥村さんと仲良くなり

ちゅーにーずと言うユニットを組むなど名物コンビだった。

一番信頼していたののたが虹コンからいなくなるのは一番ショックだったと思う。

的場さんは自身を笑いの沸点が低いと言っているが

彼女は感受性が強い娘だと思う、楽しい事も悲しい事も普通の人より強く感じてしまう

1月7日に彼女は虹コンの新しいリーダーに任命される

 

曲の途中で的場さんが口パクをするシーンがあり

これがファンの間では何を言っているか話題となったが

「私達は絶対にあきらめない!」と言っています。

(ふわりん放送室で中村さんがあっさり答えを言ってました(笑))

 

虹コンはメジャーデビューをするまでに成長をしたが、失ったものも多い

多くのものを失ってまで来た道は正しかったのだろうか?

いや、戻れない日々の事を考えていても仕方がない

未来に向かって走るしかないのだ。

何よりアイドルがあきらめない限りファンはあきらめてはいけない。

虹コンを続ける事を決意した11人を応援するしかない。

 

 

では、真面目な話はここまでにして、ここからが本題

 

虹コンの代表曲であり、フェスで他のアイドル推しも楽しめるこの曲です。

この曲は元々THE☆有頂天サマーのカップリング曲で

当初はメインにする予定ではありませんでした。

もふくちゃんもこの曲が人気が出るとは思わなかったと言っています。

まあ、百合をテーマにしたアイドルソングが人気が出るとは普通思わないですしね。

お前が一番!や最後の言いたい事があるんだよ!など、ファンが育てた曲と言えます。

後はさんかっけーの部分でメンバーが回ったり

「一瞬で崩れるバランス」のやじろべえのような振り付けなど

細かい工夫を凝らしている所も魅力の一つです。

 

パラドキシカル・コンプレックスで虹コンの百合MVは出ていますが

こちらは三角関係と言う、より妄想を引き立てられる内容となっています。

 

僕的に一番の萌えポイントは片岡未優ちゃんですよ。

予科生の期間が長かった為、MVにはなかなか出演できず

ようやくふたりのシュプールMVで出演をした彼女

今回では三角関係の中心と言う美味しいポジションです。

百合好きの未優ちゃんはこのMVの撮影が非常に楽しみだったそうで

演技にも熱が入っています。

しかも相手が僕が好きな岡田彩芽と蛭田愛梨なので最高ですわ

 

赤組はパラドキシカルでもカップリングだった的場さんと大和さんの2人に

ねもちゃんが入ると言う構成も良い

なお人数の関係上、鶴見さんと中村さんのふわりんコンビが相思相愛に

 

もしこの中にののたがいたなら、ののた、かりん、アーオの三角になっていたのか

そうなるとねもと萌ちゃんのカップリングも成立していたのか

更に陶山さんがいたら、ねも、萌、えみりの3人になっていたのかと

色々妄想が膨らみます。

 

なお、片岡さんと隈本さんはリアルで仲が良いらしく

メンバーからはあの2人はデキてるんじゃない?と言われる程です。

 

 

名古屋のイベントで注文したCDが届いて確認

僕が買ったのは赤組と青組が表紙の橙盤、藍盤と、片岡さんが映る青盤の3枚

表は心臓にメロディー衣装ですが、むしろメインは裏です。

裏はトライアングルドリーマーなのでメンバーがベッタリな写真が素晴らしいです

更に1月7日のライブが分割で収録されているので、全種類買う必要があります。

こんな中途半端な事をするよりも、普通にライブBDを出して欲しいですよ

ののたとえみりの卒業公演なのだから、全編見たいファンも多いだろうし

キングレコードは虹コンライブBDを発売するべきです。