オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん! 

まねきケチャ、広島公演とリリイベ感想

まねきケチャカーニバル広島公演に行ってきました。

9月の武道館に向けた全国ツアーで、広島公演は今回で2回目です。

前回は去年の12月に初の広島公演が行われ、僕も参加しました。

まねきはネット中継で何度もライブは見ていましたが

現場は初めてだったので緊張して行ったのを覚えています。

まねきヲタって怖い人が多いんじゃないかと怯えながらの参加

(僕は小心者なので、アイドル現場は何度行っても緊張する)

実際初期のまねき現場は荒れ現場として有名でしたが、

すぐにリフト等を禁止等軌道修正して、女の子でも行きやすい現場に

実際行ってみて楽しい現場でした。

 

ちなみにこの日は神宿の広島リリイベもあって

神宿リリイベに参加してからまねきライブに行くと言う強行軍でした。

あとはBABYMETALの広島凱旋公演があり

まねきライブ後に広島市の中心部には

黒いTシャツを着たベビメタファンを沢山見かけました。

そんな色んな想い出があった12月から約3ヶ月、

再びまねきケチャが広島に降臨したのです。

 

会場は前回と同じ、BLUELIVE広島と言うライブハウス。

ここは広島市内で一番規模の大きいライブハウスらしく

3年ほど前に出来たので、会場が広くてきれいです。

海の隣にあるので会場から見る海がとてもきれいでロケーションも良い。

まねき以外のアイドルではSTU48やチームしゃちほこが使用しました

初の広島公演でこの会場ですから、まねきの勢いを感じます。

唯一の難点は市の中心から離れている所です。

広島駅からもかなり離れているので遠征組も行くのが大変ですね。

 

先日の日記にも書いた通り、藤川千愛が体調不良でツアーの途中で不参加。

今回は4人での公演です。

前回のライブでは最初に古谷完の挨拶と注意事項説明がありましたが

今回はありませんでした。

 

前回のライブと大きく違う点は2つ

1つ目は前からSS、J、Aとエリアが分かれている所

SSはプレミアム、Jは女性限定、Aは一般です。僕はAで参加

一般は2500円なのでかなり安いです。もっと取ってもいいレベル

女性は皆Jエリアなので、ライブ中は周りに女子がいなくて少し寂しかったかも。

特典会でようやく女子の多さを感じました。

2つ目はスクリーンが用意されて、映像演出がある点。

ライブ中は歌詞が表示されて、かけ声を入れる部分は

大きく文字が表示されるので初心者も分かりやすい。

 

肝心のライブの内容、リードボーカルの千愛ちゃんがいないのは心配でしたが

その不安が吹っ飛ぶライブでした。

まずは去年加入した深瀬美桜が成長した点。

前回の広島は美桜ちゃんの初公演でした。

彼女が参加したのは5曲で、途中は4人での公演だった。

なので今回美桜ちゃんがフルで参加して、まねきのメンバーとして馴染みました。

美桜ちゃんは歌唱力が高くてスペックが高い。今後の成長が楽しみです。

 

今回僕が注目した曲は「鏡の中から」

この曲は4月からのゲゲゲの鬼太郎EDに抜擢された曲

アニメタイアップは凄い事ですが、

でもただのタイアップなんだろうなと少し高をくくってました

実際、ドラゴンボール超のEDはただのタイアップばかりだったし

妖怪ウォッチみたいなアイドル曲になるのかなーと思ってた。

ところが曲を聞いた瞬間にゾクッとしました。

おどろおどろしい音楽にオエオエオーと言う、子供にも分かりやすい歌詞

ちゃんと鬼太郎のイメージに合わせた曲になっています。

ただのタイアップとは言わせない。その意気込みを感じました。

 

僕は鬼太郎は80年代の3期世代で、3期のEDは当時かなり怖かった。

不気味な妖怪の絵に、曲の最後に妖怪が驚かせる演出とか今でもゾッとする程

この曲を聞いてそんな過去を思い出す程、鬼太郎らしい曲だと思いました。

EDで怖い映像と共にオエオエオーと流れたら、

子供は一生心に残るEDになると思いますが、流石に今の御時世では厳しいか。

 

鬼太郎のイメージに合わせてか、新衣装は和と妖怪をモチーフにしたもので

玲緒菜=猫娘

凛=新選組

美桜=座敷童子

美優=天狗 

新選組は妖怪じゃないけど、可愛かったから許します。

 

歌唱力についてですが、まねきはメンバーが皆歌唱力は高いので

4人でも結構まとまっている感じ、中でも松下玲緒菜の声が目立っていたと思う

千愛ちゃんがいない事で各メンバーの歌唱力がはっきり分かった

 

それでも彼女がいないとやはり物足りないのも事実

きみわずらいや妄想桜等の冒頭ソロパートは全員で歌っていたが

やはり千愛ちゃんあっての歌だと思う。

最後は恒例のアンコール後に1曲歌ってあっさり終わったのでえっ?って感じでした

元からそうなのか急遽変えたのかが分かりませんが・・

 

その後の特典会では推しの美優ちゃんとお話してきました。

僕が中川美優を推しているのは、お人形のような顔が可愛くて

あまり表情を変えないのでやる気が無いように見えて、内なる情熱が高い所

彼女は闇属性で有ることから、根暗で天然でドジっ娘でもある

そんな彼女が必死でアイドルとして輝く姿を応援したいからです。

僕がでんぱ組を一番推している理由もそれです。自分と共感する部分がある

バンもんの七星ぐみや妄キャリの天宮伊織など

一見気だるそうに見えて、内面は情熱的の娘が好みなのかもしれない。

僕が久しぶりーと挨拶すると、美優ちゃんも僕の事を覚えていましたが

美優「確か、1年ぶりだっけ?」

僕「いやいや、前に来たの3ヶ月前だよ」

この天然っぷりが美優ちゃんらしいです(笑)

 

松下玲緒菜も普段の可愛い声とかっこいい歌声との違い

最近は色っぽくなってきて、彼女も僕好みです。

特典会は神対応との事なので次はれおにゃとお話したい。れおふぁいにゃー

 

感想としては、千愛ちゃんが抜けた穴は大きいが

それでも4人で頑張って楽しませようと頑張っている感じが良かった。

特に美優ちゃんはツイッターやライブで自分で告知をしたりと

リーダーらしい所を見せていた、当分は4人で大変だろうけど

ここで4人が覚醒をして、5人に戻った時は更にパワーアップすると思う。

 

 

その翌日、広島駅前の地下広場でリリイベがあるので現場に行きました。

実は金曜日にもタワレコでもリリイベがあったのだが仕事で行けず。

会場にはファンが集っていましたが、

以前同じ場所で行われたバンもんのリリイベよりは少なかったです。

立ち止まる一般人も少なくて、広島での知名度はまだまだですね。

千愛ちゃんの歌があれば注目する人は増えたかもしれませんが。

 

約30分のライブはきみわずらいから始まり、新曲を含めたせとりで

広島での最後の曲は冗談じゃないね。で締める。

本ライブで冗談じゃないね。をラストにしなかったのはこの為だったか。

 

その後の特典会についてですが

ツーショだけの特典会と違って、リリイベはルールが大きく違っていました。

アルバムとシングルを注文して1枚毎に特典券が貰えるシステム

2ショをしようと思ったら、特典券4枚とあったので流石にこれは高い

一方アルバムを注文すると、全員と撮れるワイドチェキが出来るとの事で

アルバムも欲しいので注文してワイドチェキにしました。

ワイドチェキは自分と推しメンが椅子に座って、他のメンバーが後ろに立つ

特典会と違って会話は一瞬だけですが、それでも3000円で全員チェキはお得です。

実際ワイドチェキで並ぶ人が多かったですね。

 

そして会場限定レギュレーションとして、特典券8枚で

メンバーと一緒に買い物デートが出来る特典がありました。

地下広場がデパートと隣接しているならではの特典ですが

まねきはメジャーアイドルなのにそこまでやらせるのか?という感じです。

CD売上を稼ぐ為にいつまでも地下ドル的な売り方を続けたら良くないと思います。

 

しかも特典会の途中で玲緒菜ちゃんが体調不良で先に退場しました。

ここ数日で色々無理をしすぎたのでしょう

翌日の渋谷のリリイベは参加したみたいなので大したことが無くて良かったです。

  

藤咲真有香が抜けて、しばらく4人で活動していた時もそうでしたが

4人だとバランスが悪い感じです。

前回の日記に書いた通りにツアーのファイナルで

千愛ちゃんが感動的な復帰をして欲しいです。