オタクじゃないもん!

主に女性声優 でんぱ組.inc バンドじゃないもん!

8/19 べボガ!大阪ライブ

しばらく更新が止まってごめんなさい。

週末はライブ三昧でしたのでライブの感想を書いていきます。

 

さて8/19は広島から大阪に遠征していました。

遠征理由は虹のコンキスタドールのライブに行くためでした。

この日は大阪梅田のバナナホールで昼夜のライブがありました。

f:id:aniradi7:20170824012312j:plain

 

バナナホールは1981年に建設された老舗のライブハウスです。

数多くの有名アーティストが演奏をした伝統ある会場でした。

ですが2007年に閉鎖されてしまいます。

会場跡地は別のライブハウスに生まれ変わりましたが、

2017年4月に別の場所にてバナナホールが復活しました。

バナナホールというだけあって会場内は黄色を基調としています。

キャパは500人程度です。

 

8/19は昼にべボガ! 夜に虹コンという構成です。

僕は前日に広島から夜行バスに乗って早朝に大阪に到着

10時の開演前物販までネットカフェで時間を潰し

10時過ぎに会場に到着しましたが、物販ブースは空いていて余裕で買えました。

買ったのはサードシングルの予約(特典券が貰える)と千円の生写真

グッズは当たりが入っていて、メンバーの名前が入った当たり券があると

無料で私物にメンバーがしてくれますが、残念ながら当たりませんでした。

 

f:id:aniradi7:20170824014958j:plain

改めてべボガ!(虹のコンキスタドール黄組)を説明しますと。

元はベースボールガールズという6人組のユニットです。

前事務所の社長の意向で野球に関係したグループを作ろうとしましたが

メンバーは野球に詳しくないのであまり意味がありませんでした。

(一応曲は野球に関係したアイドルソング)

更に絶対直球女子!プレイボールズというガチの野球アイドルができたので

そちらと比較されてしまう始末。

 

そんなべボガの知名度を上げたのはぺろりん先生の愛称で知られる鹿目凛

彼女はツイッターでアイドルとヲタクをテーマにしたイラストで有名になります。

f:id:aniradi7:20170825013007j:plain

 

ファンも増えて順風満帆と思われましたが・・

前Pが事務所の金を横領した事件が発生。刑事事件となって活動休止に

事務所も辞めて彼女たちはフリーで活動することになります。

絶望的な状態のグループを救ったのが虹コンの存在でした。

この頃虹コンは新たに黄組の募集をしており、

彼女達はオーディションを受けて黄組に加入します。

名前もべボガ!と改名して、そこからは更に売れていったというお話。

虹コンPのもふくちゃんはぺろりん先生の才能を虹コンで生かしたいと考えて加入を決意させたそうです。

沢山の苦労を乗り越えてここまでたどり着いた大阪ワンマンに期待するしかありません。

 

入場するとホールの真ん中から右寄りに待機、残念ながらソールドアウトにはならず、会場は400人くらいだったと思います。

今回は初の女性専用エリアも用意されていました。女性ファンが多いみたいですね

ライブが始まるとノンストップで5曲歌います。ノンストップで歌うのは

べボガ初めての試みだそうで、体力的に大変な中歌い切りました。

その後はメンバーのMC、べボガはMCも見どころの一つです。

何故ならべボガはみんな自由にトークをするのでそれを見てるだけで楽しいです。

虹コンメンバーもべボガはとにかく会話が凄い!とラジオで話したことがあります。

あとMCの時はヲタが地面にしゃがんだり座ったりするのも驚きました。

その後も連続で曲を歌う、MCという構成が続きます。

その中で特に印象に残ったのはライブ初出しのB.U.S.U -ぶす-という曲

この曲は異常に早いテンポと転調を繰り返す曲にメンバーが激しいダンスを踊ります

メンバー曰く「脱臼になりそうなダンス」だったそうです。

後はトライアングル・ドリーマーのべボガカバーもありましたが

ここたんが音を外しまくって会場から笑いが起きていました。

それ以外にもべボガは楽しい曲ばかりでヲタの掛け声も相まって本当に楽しい。

 

 

全ての曲を終えて一旦ステージから去ると、恒例のアンコール

叫びながら待っていると、なんと虹コンメンバーがステージに!

その中にはぺろりんとここたん(水沢心愛)が混じっていて

知らない衣装に知らない曲と何だこれはと思って見てました。

その正体は虹コンとべボガの架け橋となるべくできた、虹組というグループで

虹コンの紅組、青組、黄組から2人選抜された6人組のグループです。

虹組も色々展開していくみたいなので今後に期待です。

そして残すところ1曲の前のMCでメンバー1人1人が感想を語るところで

ここたんが感極まって泣いて、そこが萌えポイントでした。

最後は1曲目に歌った「勝ちとばせ!栄光のレインボー」で締めてライブ終了。

 

その後は特典会ですが、やはりぺろりん先生の列がかなり長い。

ファンの7割はぺろりん先生推しらしいので覚悟はしてましたがそれでも長い

続いて三浜ありさ、水沢心愛の順に列が長く、残りの樋口彩、水戸しのぶ、葉月梨花の3人は同じテーブルでまとめられていました。

値段は千円で2ショチェキで2千円でプラスサイン入りです。

僕は2枚持っているのでサイン入りにしました。というかチェキのみだと時間が短いので長くお話しするにはサイン入りにするしかないのです。

長い列を待ち続けてついにぺろりん先生と初対面。

主にでんぱ組の古川未鈴は生き方はかっこいいというお話をして

最後にこれからも6人を応援すると言って別れました。

他の方の会話も見ていましたがぺろりんは本当に対応が良い。

隣のブースのここたんが高い声で騒ぐ声がよく聞こえました。ここたんも会話が楽しいという話なので一度お話してみたいですね。

後はドリンクでお酒を飲んで会場を後にしました。

 

印象としてはべボガは自由なアイドルって感じです。

そもそも野球のコンセプトが既に関係なくなっているので、逆にコンセプトに囚われずに色んな方向性に行けるアイドルだと思います。

メンバーは全員個性が強くて、決してぺろりん先生人気だけのグループだけではありません。

一方で曲は普通に盛り上がる曲が多くて、荒れる現場ではないですね。

べボガは色物系と思われがちですが、実は正統派のグループなのです。

 

なので少しでも興味がある方は一度ライブに行ってみてほしいですね。

ぺろりん先生を一目見たいという方も可です。他の娘も好きになりますよ。

それでは、カッキーン!